まいり

那須正幹

なす まさもと
1942 - 2021
児童文学者
那須正幹さんについて
広島県出身。
島根農科大学を卒業後、会社員や書道の講師を経て、1960年代末に広島児童文学研究会に加盟すると、そこでの活動に触発され児童文学の作家を志す。
1972年に冒険小説「首無し地蔵の宝」でデビューするとその3年後に出した「屋根裏の遠い旅」でその名声を確たるものにする。その作風には様々な事象に対する問題提起が込められ、那須が3歳の時に終結した“戦争”に関する内容も多く含まれた。
その一方でコミカルな作風を活かした作品も多く、特に1978年に第1作が書かれた「ズッコケ三人組」シリーズは2004年までの26年間で50作が執筆され、那須の代表作となった。個性豊かな3人の小学6年生によるドタバタ劇を主軸に据えた同作は多くの子供に支持され、アニメ化・ドラマ化・映画化されるなど大ヒットを記録している。
他の代表作に「ぼくらは海へ」「さぎ師たちの空」「大あばれ山賊小太郎」など。
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・仕様(08/25) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
画像をクリックでAmazonの詳細ページに移動します
2021.07.28 ID:1280777
本日(7月28日)は、那須正幹さんの初七日法要です。ズッコケ三人組を図書館で読んだ事があります。
2021.07.27 ID:1280512
実際にお会いしてサインまでいただきありがとうございます、
天国で前川かずお先生と仲良くしてください
2021.07.24 ID:1279519
那須先生、
早過ぎます。
もっと書いてほしかった。
「ズッコケ還暦三人組」で
ハチベエ、ハカセ、モーちゃんに
大活躍してもらいたかった。
御冥福をお祈りします。
2021.07.23 ID:1278831
ズッコケ三人組面白かったです
2021.07.22 ID:1278690
エリー
ズッコケ三人組、昔読んでました。
お悔やみ申し上げます。
2021.07.22 ID:1278651
お悔やみ申し上げます
ご支援をお願いいたしますm(_ _)m
Amazon ←のリンク、↑のバナー、又はお供えリンク経由で商品をご購入いただくとこのサイトに紹介料が支払われる仕組みになっています。ご購入者様のお支払い額は増えません(Amazonが紹介料を負担)ご支援いただけますと幸いです。
詳細はこちら
[おしらせ] Twitterはじめました