まいり
現在更新停止中です

和田亮介

わだ りょうすけ
1931 - 2021
実業家 エッセイスト 和田哲会長
メッセージ欄は停止中です。
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
画像をクリックでAmazonの詳細ページに移動します
2022.05.26 ID:1338892
和田亮介会長、

昨日は一周忌でしたね。品格があり、洒落っ気もたっぷりで、筆が立ち、アイディア満載で、決して奢ることがなく…思い出せば思い出すほどに、大きな御方でした。
会長にお会いできたことを人生の宝と、感謝しております。
あらためてご冥福を心から祈ります。
2022.05.25 ID:1338720
和田亮介様、

木幡家のご先祖様、和田の義祖父様、多くのご友人の皆様と、楽しく穏やかにお過ごしではないかと拝察しております。そして輝くような御顔を想像しながら、本日一周忌にあらためて、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

合掌
2022.05.18 ID:1337422
Dearest Mr Ryosuke Wada,

I always think of the warmth of your smile.
I pray your soul may rest in peace.

Amen ...
2022.04.04 ID:1328235
和田会長様、
一畑薬師にお眠りだと聞いております。宍道湖が見え、東には大山、西南には三瓶山も臨めると聞いています。故郷の素晴らしい聖地をお選びになり、ご先祖様もお喜びでしょう。コロナ禍が収束したら、きっと参上いたし、清浄な大気に抱かれて、心を込めて手を合わさせていただきます。時が過ぎるほどに、会長様の大きさに思いをいたします。
ありがとうございます。
2022.03.25 ID:1325039
和田様、
今日は5月初旬の陽気だとのことです。天国にいかれて10ヶ月です。とんでもない出来事が次々と起こっている現世ですが、以前、和田様にお付き合いをさせていただいた頃の楽しく希望に満ちた日々を思い起こして、元気を出しています。和田様にはどうぞ、あの素敵な笑顔で私どもを見守っていて下さいませ。
            心を込めて合掌
2022.03.23 ID:1324675
和田会長、

春の彼岸です。
あらためて、会長のご冥福を心からお祈り申し上げます。

                合掌
2022.03.15 ID:1323291
和田先生、春になりました。先生から毎年拝受しておりました牡丹、地植えにした何株もが、青々とした葉をつけています。5月にはきれいな花を見せてくれることでしょう。懐かしい先生…先生の笑顔を思い出しては、手を合わせております。
2022.03.07 ID:1321944
梅、桜…季節が巡り、花の季節になりました。あらためて、和田会長の大きさ、温かさを思い出し、感謝の念で一杯です。
2021.09.23 ID:1301669
一昨日は中秋の名月を眺めながら、隨音院徳雲真月居士こと亮介様の温かい笑顔を想い出しました。本日は彼岸の中日、あらためて心よりご冥福をお祈り申し上げます。合掌
2021.08.14 ID:1287149
初盆をむかえて、あらためて大きな存在であった和田会長を偲んでおります。経済人としても、藝の道でも、随筆家としても、そして「人」としても。
お書きになった随筆を読み返しておりますが、いずれも良い題材を手慣れた筆さばきで…なぜ早く逝ってしまったのですかと、一人呟いております。
合掌
2021.08.10 ID:1285504
ご逝去から2か月が過ぎました。日本経済新聞(令和3年8月6日付)で和田さんへの追想録を拝読。人間的な厚み、ご自身が任された役割に対する強い自覚と行動力そして発信力、謙虚さ、粋など、傑出した人物でした。
娘婿の方が「商売よりも社会的な仕事の方が好きだった」と語っておられるようですが、ものごとは「好き」だけでできるものではありません。和田さんには使命感がありました。
2021.08.09 ID:1285267
和田真月先生
雨の音を聞きながら、先生が藝のあり方について語って下さった時のことを思い出しています。藝に対する厳しさ、真摯さ、一途さ、ご自身に対する謙虚さ、そして私どもに対する的確で寛大なご指導…。先生にもう一度聴いて講評をいただければ、などと、まだ甘えたいような思いです。
驕りなく、これからも真っ直ぐに藝を磨いていく所存です。先生、天国から見守っていて下さい。
合掌
2021.07.13 ID:1273363
宍道湖と中国山地を遥かに臨む一畑薬師は瑠璃の廟にて、どうぞ安らかにお眠りください。合掌
2021.06.27 ID:1265745
大阪西川社長でいらした西川実氏、滝定会長の滝季夫氏、そして三共生興副社長の三木健次氏とともに盛り上がった「四君子会」。今は天国で、美甘謙一さんも加わって、益々にぎやかに語り、笑い、美酒を味わっておられることでしょう。合掌
2021.06.21 ID:1263229
「隨音院徳雲真月居士」の和田さんのことを、白い雲を眺めながら偲んでいます。
2021.06.16 ID:1261022
『山陰中央新報』の山本弘さんによる「和田亮介さんを悼む」を拝読。大阪から故郷の島根に移られてからも、精力的に執筆活動を続けられて、数々の印象深いエッセイに引き続き多くの愛読者を得られました。私も何度も読み返して、気付かされること多々。これからも和田さんに学び続けたいと思っています。
2021.06.14 ID:1260254
紫陽花が美しく咲いています。いつも力強く励まして下さって和田さんの笑顔を思い出しています。合掌
2021.06.08 ID:1258049
青葉の美しい季節です。天国から眺めてほほ笑んでいらっしゃることでしょう。合掌
2021.06.07 ID:1257721
今日は素敵なお天気です。青空の向こうに和田さんの笑顔が見えるような気がいたします。
2021.06.02 ID:1255757
お悔やみ申し上げます
ご支援をお願いいたしますm(_ _)m
Amazon ←のリンク、↑のバナー、又はお供えリンク経由で商品をご購入いただくとこのサイトに紹介料が支払われる仕組みになっています。ご購入者様のお支払い額は増えません(Amazonが紹介料を負担)ご支援いただけますと幸いです。
詳細はこちら
[おしらせ] Twitterはじめました