まいり
現在更新停止中です

金子みすず

かねこみすず
1903 - 1930
詩人
金子みすずさんについて
大正末期から昭和初期にかけて、26歳で死去するまでに500余編もの詩を綴り、そのうち100あまりの詩が雑誌に掲載されたとされる。1923年(大正12年)9月に『童話』『婦人倶楽部』『婦人画報』『金の星』の4誌に一斉に詩が掲載され、西條八十からは「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛された詩人。
メッセージ欄は停止中です。
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
画像をクリックでAmazonの詳細ページに移動します
2021.05.13 ID:1245735
お悔やみ申し上げます
ご支援をお願いいたしますm(_ _)m
Amazon ←のリンク、↑のバナー、又はお供えリンク経由で商品をご購入いただくとこのサイトに紹介料が支払われる仕組みになっています。ご購入者様のお支払い額は増えません(Amazonが紹介料を負担)ご支援いただけますと幸いです。
詳細はこちら
[おしらせ] Twitterはじめました