まいり

杉浦茂峰

すぎうらしげみね
1923 - 1944
海軍軍人
杉浦茂峰さんについて
台湾沖航空戦に於いて、零式艦上戦闘機32型で敵戦闘機を迎えうつも台湾上空で被弾、民家への墜落を避けるために燃えさかる機体を郊外まで操縦、脱出が遅れ戦死。
自らの生命顧みない住民への配慮は、戦後地元住民が建立した飛虎将軍廟で今も崇敬を集める。
茨城県水戸市出身。
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・仕様(01/30) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
2020.11.20 ID:1142535
あなたは日本の、日本人の誇りです。ありがとうございました。
2020.11.19 ID:1141892
民家への墜落を避けるために燃えさかる機体を郊外まで操縦、脱出が遅れ戦死された。21歳の若さで厳しい状況下で、よく御判断出来たと思います。

日本の誇りです。ありがとうございました。
天国でゆっくりお休み下さい。
2020.08.03 ID:683224
お悔やみ申し上げます