まいり

川崎富作

かわさき とみさく
1925 - 2020
「川崎病」発見者 医師 医学博士 日本川崎病研究センター理事長
川崎富作さんについて
1961年(昭和36年)1月に、診察を受け持った4歳児の未知の疾患に遭遇した。翌1962年、非猩紅熱性落屑症候群の名前で千葉県小児科学会で報告、さらに1967年に自験50例をまとめた論文を雑誌『アレルギー』に発表し、注目を浴びた。最初は単純な疾患と考えられたが、病理学的に冠状動脈に動脈瘤が見られ、死亡例も多かったので、川崎病(Kawasaki disease)が定着した。1970年に厚生省が組織した川崎病研究班に参加。1990年(平成2年)に日赤医療センターを定年退職。川崎病に関する情報を収集・発信する日本川崎病研究センター理事長。東京都台東区に「川崎富作小児科診療室」を開く。久留米大学客員教授。
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
ご投稿の際には、投稿ルールをご確認ください
2020.06.10 ID:626053
お悔やみ申し上げます
2020年06月05日に亡くなった人