まいり

奥野正男

おくの まさお
1931 - 2020
考古学者 古代学者 邪馬台国九州説 「神々の汚れた手」
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・ルール(09/17) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
2020.09.08 ID:1087920
其方から俯瞰する日本は如何でしょうか。長きに渡り本当にお疲れさまでした。どうか安らかにお休みください。
2020.08.19 ID:697123
論文の執筆だけでよいから、考古学の世界に復帰したい。
2020.08.09 ID:688118
人間に定められたこととはいうものの、逝去されたことが残念でなりません。先生が会長を務められた「東アジアの古代文化を考える会」の更なる発展を天より見守って下さい。
2020.08.07 ID:686184
北海道で炭鉱や喫茶店で働かれた方が後に宮崎県にある大学で教員を務める。自分は邪馬台国は九州とは思えない。だけど、貴殿の存在は、今、つらい立場にいる自分にとっては、励ましになっています。天での御多幸をお祈りします。また、別の機会にコメントさせて下さい。
2020.06.14 ID:627810
天での御多幸をお祈りします。先生の著作『古代人は太陽に何を祈ったのか』にサインを頂いたことを今でも覚えています。
2020.06.10 ID:625986
お悔やみ申し上げます
2020年06月06日に亡くなった人