まいり

冷泉為恭

れいぜい ためちか
1823 - 1864
幕末期の公家召抱えの復古大和絵の絵師
冷泉為恭さんについて
最高級の絵の具を惜しげも無く用いた濃彩画を得意としたが、障壁画や白描画、仏画にも当時としては傑作といわれるほどの名画を残している。
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
ご投稿の際には、投稿ルールをご確認ください
2020.06.08 ID:625040
お悔やみ申し上げます
1864年06月08日に亡くなった人