まいり

オットー・フォン・ビスマルク

おっとー・ふぉん・びすまるく
1815 - 1898
首相兼外相 初代宰相兼首相
オットー・フォン・ビスマルクさんについて
ユンカーの家に生まれ大学では法学を学び、下級官吏となるが家業を立て直すために辞職、事業に成功。
プロイセン王のもとで首相兼外相としてドイツ統一に尽力し
統一後のドイツ帝国では初代宰相兼首相となり、これを19年間務めた。
ビスマルクの巧みな外交政策は「ビスマルク体制」と呼ばれる
相対的平和状態をヨーロッパにもたらし、それは第一次世界大戦直前まで続いた。
今日でもドイツの保守派の政治家から英雄視される人物である。
メッセージ | 掲示板 (02.27更新)
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更 (02.27更新)
ご投稿の際には、投稿ルールをご確認ください
2020.02.27 ID:385720
橘逸勢
ご冥福をお祈りいたします。
2020.02.27 ID:385713
お悔やみ申し上げます
1898年07月30日に亡くなった人