まいり

坂口芳貞

さかぐち よしさだ
1939 - 2020
俳優 演出家 声優 文学座所属
坂口芳貞さんについて
東京都出身、1963年に文学座研究所入所。
1981年「ハムレット」、1991年「あ・うん」、2011年「風と共に去りぬ」など多数の舞台に出演。演出作品に1997年「月がとっても蒼いから」、2012年「三人姉妹」など。
テレビドラマでは、NHK大河「翔ぶが如く」「巧妙が辻」のほか、「特捜最前線」「氷点」などに出演した。
声優としても映画「アンタッチャブル」「インディー・ジョーンズ/最後の聖戦」のショーン・コネリー、「セブン」「ショーシャンクの空に」などでモーガン・フリーマンの吹き替えを担当するなど、多数の作品に携わった。
「スターウォーズ エピソード4」でダース・ベイダーの声を担当した。
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2020.02.15 ID:381246
モーガンフリーマンの声、渋かったです。
セブンはいい映画でしたね。
思い出してまた観たくなりなりました。
2020.02.14 ID:381025
お悔やみ申し上げます
2020年02月13日に亡くなった人