まいり

郷原洋行

ごうはら ひろゆき
1944 - 2020
元JRA騎手 調教師
郷原洋行さんについて
G1級10勝を挙げるなど昭和から平成初期の競馬シーンを飾った元JRA騎手の郷原洋行(ごうはら・ひろゆき)氏が1月31日に病気のため亡くなったことが8日、分かった。76歳。鹿児島県出身。8日に近親者だけで葬儀を執り行った。

馬事公苑騎手養成課程を経て1962年3月に中山競馬場の大久保房松厩舎から騎手デビュー。1967年にはリュウズキで皐月賞を制し、79勝をマークして関東リーディングに輝いた。その後は加賀武見騎手と毎年のように激しいリーディング争いを繰り広げ、関東では長らく“加賀・郷原時代”が続いた。
1977年にはプレストウコウで菊花賞、1980年にオペックホースで日本ダービーを勝ち、騎手として牡馬クラシック三冠制覇を達成。さらに名声を高めたのがニッポーテイオーとの名コンビで1987年に天皇賞・秋を断然の1番人気に応え、5馬身差の逃げ切り。その圧倒的なスピードを生かし、同年のマイルCS、1988年の安田記念も制してG1・3勝を導いた。
そして、1989年にはウィナーズサークルで2度目の日本ダービー制覇。平成初のダービー馬は、いまだにただ1頭の芦毛のダービー馬として競馬史に名を残している。また1988年からは日本騎手クラブの会長を5年間務めた。
1993年の引退後は調教師に転身。2000年、2001年の中山グランドジャンプを連覇したゴーカイを育てるなどJRA通算104勝をマークした。2011年2月、定年まで3年を残して勇退した。調教師引退後の2014年には長年の功績から競馬の殿堂入りを果たした。
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
1日前 ID:381648
競馬歴52年のトシ
私が中学生のころ読んだ雑誌に掲載された対談の中で、雨天の場合でも防止の色の判別ができる白または黒、つまり1枠、2枠が好きだとおっしゃっていました。また、外車、特に大きいアメ車に乗っていらしたと思いますが、ご自身は競馬以外で怪我をしてはいけないと思ってのことだとおっしゃっていたことを66歳になった今でも覚えています。好きな騎手でした。ご冥福をお祈り申し上げます。
8日前 ID:379036
2度のダービー制覇と聞いただけで、競馬ファンであれば現役時代を知らなくてもすごいジョッキーだったことがわかります。ご冥福をお祈り致します。
8日前 ID:378948
現役時代の郷原騎手は存じ上げませんが、偉大な業績に線香と献花を
8日前 ID:378947
お悔やみ申し上げます
2020年01月31日に亡くなった人