まいり

真境名由祚

まじきな ゆうそ
1876 - 1946
俳優 沖縄芝居役者 琉球舞踊
真境名由祚さんについて
若くから芸能界入りし、「仲毛芝居」を演じた後、明治40年「沖縄座」の座長となる。そのころ沖縄で盛んに上演されるようになった歌舞伎の影響を受けて、玉城盛重の舞踊「松竹梅」を創作。また、九州の新派の俳優、松尾巳之吉から習い、沖縄で初めて回り舞台の装置を制作した。真境名由康(琉球舞踊家)の養父。
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
ご投稿の際には、投稿ルールをご確認ください
2020.02.07 ID:378194
お悔やみ申し上げます