まいり

アントワーヌ=オーギュスタン・パルマンティエ

あんとわーぬ おーぎゅすたん ぱるまんてぃえ
1737 - 1813
フランスの薬剤師、栄養学者、農学者
アントワーヌ=オーギュスタン・パルマンティエさんについて
フランスや欧州でのジャガイモの食用普及や種痘の接種の普及に貢献
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2020.02.06 ID:377922
パルマンティエさんは、七年戦争でプロイセン軍の捕虜になりジャガイモを食べさせられた。これが、ジャガイモの食用普及の始まり!
2020.02.06 ID:377912
昨日、スーパーでサツマイモとジャガイモを半額で買ったので炊飯器で暖めて…
固くて食べ終わるまで四苦八苦。その時、子供の頃に読んだルイ16世とパルマンティエさんの感動的な話を思い出してググってみました
2020.02.06 ID:377911
お悔やみ申し上げます
1813年12月13日に亡くなった人