まいり

親泊元清

おやどまり げんせい
1928 - 2005
俳優 沖縄芝居 琉球芸能 沖縄俳優協会理事長
親泊元清さんについて
昭和11年真境名由康座長の珊瑚座に入団。以降、玉城盛義、島袋光裕らが率いる人気劇団で芸歴を積む。26年千歳座を旗揚げし、30年ゆたか座座長に就任。31年菊池寛の原作を翻訳した「義民」で琉球新報第2回演劇コンクール主席賞を獲得。史劇のかたき役、殺陣の名手として活躍。52年沖縄俳優協会理事長、平成4年副会長を歴任。11年妻で女優の親泊良子とともに沖縄県指定無形文化財琉球歌劇保持者に認定された。琉球新報演劇コンクール主席賞(第2回)〔昭和31年〕「義民」
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2020.01.26 ID:373872
お悔やみ申し上げます
2005年08月31日に亡くなった人