まいり

仲井真盛良

なかいま せいりょう
- 1954
俳優 琉球舞踊 組踊 沖縄芝居
仲井真盛良さんについて
初め「下の芝居」こと辻端八の本演劇場の「沖縄座」に属した。後に渡嘉敷守良らと「球陽座」を結成したが、大正15年「球陽座」を脱退して真境名由康らと「潮会」を結成。沖縄で初めて「連鎖劇」を上演した。その後「新生劇団」や「珊瑚座」に加入。昭和9年玉城盛義らと「真楽座」を結成。大阪や東京公演に出演するなど、大正、昭和を通じて沖縄演劇界の第一線で活躍した。芸達者で立役、女形、老け役、喜劇などをこなした。歌劇役者としても「泊阿嘉」の思鶴などを好演。戦後、大阪から沖縄に帰り、24年「振興劇団」を結成し、団長。29年真境名由康らと「沖縄座」を結成したが1年足らずで解散した。
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・ルール(09/17) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
2020.01.22 ID:371783
お悔やみ申し上げます