まいり

与那覇幹夫

よなは みきお
1940 - 2020
詩人 山之口貘賞選考委員 沖縄文学
与那覇幹夫さんについて
文学を志し、働きながら那覇市内の定時制高校を卒業。東京の業界紙で記者やコピーライターなどをしながら詩を学んだ。テーマを故郷に定め、宮古に戻り、人頭税を題材にした第1詩集「赤土の恋」で1983年に第7回山之口貘賞。85年に第19回沖縄タイムス芸術選賞・奨励賞。

 詩集「ワイドー沖縄」は、終戦直後の宮古島で起きたという米兵の集団暴行事件を題材にした作品「叫び」など集録。2013年に第46回小熊秀雄賞、第15回小野十三郎賞を受賞した。
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2020.02.04 ID:377243
合掌
2020.01.26 ID:373866
ご冥福をお祈り申し上げます
2020.01.26 ID:373865
平川
ご冥福をお祈り致します。
2020.01.22 ID:371580
ご冥福をお祈り申し上げます。
2020.01.22 ID:371574
お悔やみ申し上げます
2020年01月20日に亡くなった人