まいり

マリス・ヤンソンス

まりすやんそんす
1943 - 2019
指揮者 ラトビア レニングラード・フィル オスロ・フィル ロンドン・フィル ピッツバーグ交響楽団 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 バイエルン放送交響楽団
メッセージ | 掲示板 (12.01更新)
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
掲示板を表示しています メッセージに変更
ご投稿の際には、投稿ルールをご確認ください
2019.12.01 ID:350095
https://www.asahi.com/articles/ASMCM5GBTMCMUCVL02D.html
2019.12.01 ID:350088
生い立ち[編集]

マリスは、後にエフゲニー・ムラヴィンスキーと共にレニングラード・フィルハーモニー交響楽団の指揮者を務めたアルヴィド・ヤンソンスを父としてリガで生まれた。母イライダ・ヤンソンスはユダヤ系の歌手で、マリスを産んだ当時は父親と兄弟をリガ・ゲットーで殺害され、リガに潜伏中だった。レニングラード音楽院でピアノ・ヴァイオリン・指揮を学んだ後、ウィーン国立音楽アカデミーに留学。留学先ではスワロフスキーやエスターライヒャー、そしてザルツブルクでカラヤンの薫陶を受ける。

ウィキペディアより

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%B9
2019.12.01 ID:350080
お悔やみ申し上げます
2019年11月30日に亡くなった人