まいり

奥田抱生

おくだ ほうせい
1825 - 1934
文教家 金石家
奥田抱生さんについて
名一夫、字式斎、別に主客説詩堂・飯沙山農・紫燕棲主人・百朋斎など多くの号がある。大観の子、明倫堂に入り、愛知英字校に学ぶ、明治13年上京して三菱商業学校で漢字・簿記・算術を修める。しばらく官にあったが、病のため退き帰郷して魚貝採集や書画骨董の収集につとめた。父大観と上長者町に大観塾をおこして、漢詩漢文を教え、また小林町に移って名古屋商業の教員となる。明治三六年曹洞宗第三中学校で漢文を教える。のち上京して牛込に住み読書・旅行・古器物の研究につとめ、好古学の先駆者となった。著に今瓦譜・百明斎今瓦・日本金石年表・明清書画名家年表・詩苑菁華・燕老随筆などがある
[url=引用元URL]http://soutairoku.com/01_soutai/01-5_o/02-3_ku/owari_okuda/okuda_housei.html[/url
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2019.10.16 ID:338267
お悔やみ申し上げます!
2019.10.10 ID:336977
お悔やみ申し上げます
1934年03月11日に亡くなった人