まいり

アルトゥール・ショーペンハウアー

あるとぅーる しょーぺんはうあー
1788 - 860
ドイツの哲学者「意思と意表としての世界」
アルトゥール・ショーペンハウアーさんについて
母は女流作家のヨハンナ・ショーペンハウアー
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2019.09.27 ID:334370
ドイツの哲学者ショーペンハウアーは、文筆を仕事にする人に向けて述べている。<知者のごとく思索し、しかしだれもが使う言葉で語れ…ふつうの言葉を用いて、非凡なことを語りなさい>(「読書について」)<中日新聞「中日春秋」9月27日>
2019.09.27 ID:334369
お悔やみ申し上げます
860年09月21日に亡くなった人