まいり

アッタロス3世

あったろすさんせい
-
紀元前170~紀元前133 ペルガモン王エウメネス2世の息子。最後の王(在位紀元前138~紀元前133)
アッタロス3世さんについて
アッタロス3世は、ほとんど政治には興味が無く、医学、植物学、園芸等の趣味に没頭していた。後継者の男子が無く、自身の遺書によりペルガモン王国を「ローマ」に遺贈した
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2019.09.26 ID:334179
アッタロス3世の遺産を巡り、ローマではグラックス兄弟の改革が挫折する一因に
2019.09.26 ID:334178
お悔やみ申し上げます