まいり

猿渡瞳

さるわたり ひとみ
1991 - 2004
中学生 命の尊さを伝えた少女
猿渡瞳さんについて
2002年の小学6年生の12月に「右大腿骨骨肉腫」と診断され、家族をはじめ、様々な人々の協力を得ながら闘病生活を送り、中学2年生の年に、弁論大会で自身が闘病の経験から学んだ“命の尊さ”を伝える作文『命を見つめて』を発表し、その数ヶ月後に13歳で死去する。
現在は、彼女の母親をはじめとする人々が、彼女が生前に遺した“命の尊さ”を伝える活動を行っており、作文『命を見つめて』は、道徳の教科書にも載せられている。
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2020.01.22 ID:370842
西嶋翔子
瞳さん、「瞳 スーパーデラックス)を2度読みました。
生きることの尊さを教えてくれてる本です。瞳さんの思いは地球中に拡がってると思います。
私の周りの人々に、子どもや、孫に語りきかせていきます。
2019.12.12 ID:352801
ごとう
瞳さん、
私は中学1年生の時に授業で、あなたのことを知りました。
そしていま24歳になりましたが、ふとあなたを思い出すことがあります。
長い間命の大切さを私たちに教えてくれてありがとうございます。
これからも皆さんの中であなたは生き続けると思います。
本当にありがとう。
2019.11.15 ID:346261
2019.10.24にメッセージを送った
miwaさん作詞作曲の『結 -ゆい-』はとてもいい曲で、
瞳さんが伝えたい思いと重なるような部分がいくつもあるので、ぜひ聴いてみてください。
2019.11.11 ID:345289
命の尊さを教えてくれてありがとう。
思いやりのある世の中になるように、自分自身の行動を顧みながら責任を持って生きていきます。
2019.11.09 ID:344924
匿名さん
瞳さんの分までしっかりと生きます。本当にありがとう。そして
命の尊さを教えてくれてありがとう。お悔やみ申し上げます。
2019.10.24 ID:341136
信じること
あなたの中に 眠ってる力に気づいて
あきらめないで
無駄なことなんて なにひとつないって思い出して
僕たちはなにより強い絆で結ばれている

“ miwa『結 -ゆい-』”より

合唱曲 『結 -ゆい-』の中のこの歌詞は、まさに瞳さんの伝えたい思いのように感じます。
2019.09.22 ID:333484
猿渡瞳さんへ

今年私は、瞳さんの享年と同じ年を同じ歳になりました。私は、瞳さんが骨肉腫という病気になっても、辛いことに負けずに最後まで頑張っていたことを知ってとても感動しました。
そして私は、改めて命の大切さを感じました。
ご冥福をお祈りします。
2019.09.22 ID:333474
お悔やみ申し上げます
2004年09月16日に亡くなった人