まいり

西村吉正

にしむら よしまさ
1940 - 2019
官僚 大蔵省銀行局長 早稲田大学教授
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・ルール(09/17) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
19時間前 ID:1105024
悲しくて、辛くて、身体中の力が抜けて、起き上がることさえできなかったとき、君は、シェラザードのLPを送ってくれた。
君も今、聴いていますか?
9日前 ID:1096116
コロナが怖くてお墓参りに行けません。
ごめんなさいね。
遠くから、ご冥福をお祈り致しております。
2020.09.08 ID:1087233
一年が経ったんだね…
君の死を聞いたのが、まだ昨日の事のようにしか思えないというのに…
今でも僕は、時を戻して欲しいと、思っている…
2020.08.24 ID:1075103
君の性格を考えれば、君が何を考えているかを想像することは、別に難しいことではなかったのに、君は僕を、自分を映し出す鏡のようだ、醜い自分の姿が映し出されるのは耐えられない、と言ったね。でも、君はちっとも醜くなんてなくて、それどころか僕は少年のような君の心がいつもとても眩しかった。
君と交流のなかったこの13年間、君は何を考えていたのか…
君が亡くなってから、僕はずっと考えてきた。
君が亡くなってもうすぐ一年になります。
今、僕は、君が微笑みながらこの世界から去っていったと信じている。
君は心を大切にする人だから、君を愛した人たちの心を思って、君は微笑みながら去っていったと信じている。
また君に会える日まで、僕も精一杯、生きていくよ…それが君の教えてくれた道だから。
2020.08.11 ID:689685
12年ぶりに君の名を検索した夜…
お別れに、君の心が呼んだんだね。
12年前の君の言葉。
最後に思い出した僕が笑顔であってほしい。

昔、死んだら終わりだよと言ったのは、君だったのか、僕だったのか…
でも、今はそうは思いたくない。
2020.05.05 ID:597007
君が初めて家に遊びにきたあの日から、34年経ちました。あの日も今日のように五月晴れの初夏を思わせる日でした。高校時代はクラスも違い、同級会で会っても話すこともなかったのが、一緒に麻雀をするようになり、たまたまシャープに勤めていたO氏から一緒にテレビを買わせてもらうことになり、それが縁で遊びに来ることになったんだよね。あの夜、帰る君を沼袋の駅まで送りながら話したことも、まだはっきりおぼえているよ。
高級官僚としての君の素晴らしさはみんな知っているけど、少年のような心のままの君の素晴らしさを知っている人はあまりいなかったかもしれないね。
珍しく会いたいと君に言われ最後に会った頃、君のことを誤解していて、思い出作りをしている君を見たくなかった。別れ際の君の辛そうな顔が気になって、また会おうとメールしたら、君は怒っていて、簡単な気持ちで会ったんじゃないって言ってたね。それでも、君の気持ちを深く考えなかった。
君から賀状が来ても、返事をださなかつたのに、君はまた会いに来てくれたんだね。
君が亡くなって、初めて、あの日の意味を知った。
そして、わざわざまた会いに来てくれた意味も知った。
2020.05.04 ID:595827
どこかに (C・ロセッティ)


どこかに かならず いらっしゃる
わたしの愛にこたえて下さる方が
そのお顔 お声は知らないが
知らないままで終わるかも
しれないが


どこか もしかすると 遠いところ
陸の果て 海のつきるところ
めぐる月 夜ごと輝く星の向うに
その方はいらっしゃるかも
しれないが


どこか ひょっと近いところ
垣根ひとつへだてた向うにいらして
美しい芝生に冬の名残り葉の散ると
共にどこかへ消え去ったのかも
しれないが
2020.02.08 ID:378672
早稲田に行かれてからの西村さんは、穏やかな優しい先生だったんですね。でも私は、初めて出会った時の、向かう所敵なしと言った、自信に満ちた主計官だった時の西村さんが一番好きです。でも、思い出すのはいつも経企庁に行った後の、ちょっと疲れた顔の西村さん。
西村さんと話すといつも、彼の考えに目から鱗でした。もっといろんなことを話せばよかった。西村さんはいつも丁寧に答えてくれた。子供のことでとてもつらい思いをしていた時、西村さんの言葉で力づけられました。
人として、本当に優しい人でした。
西村さんに出会えたこと、神様からの贈り物だと思っています。
2020.02.08 ID:378573
ご退官の記念講演を拝聴してから8年ほど、大変ご無沙汰しておりました。WBSで先生にご教授頂いた様々なこと、何よりもいつも私たち学生に向けられた朗らかな笑顔が想い出されます。
安らかにおやすみください。
2020.02.02 ID:376538
春のような日差しの中、やっとお墓まいりができました。
2020.01.29 ID:375202
ツナグを読みました。本当に会えたら、いいのにね。
2019.12.24 ID:358303
ユーミンの、きみなき世界を聞いています。私は一人でも生きていけると思ってた。でも、あなたが亡くなって、この世にあなたが存在しないと知り、生きる意味さえ見失っています。
泣いている私を、どこかで見ていて、泣くなよって言ってくれてますか?友達に叱られても、それでも私は悲しい。
2019.12.15 ID:353517
生きてたら、79歳のお誕生日でしたね。そして、百か日になりますね。私がいつまでも悲しんでいたら、あなたが成仏できないと、友達にしかられました。悔やんでもしょうがないとわかっていても、それでも悔やんでしまう。優しいあなたは、悔やまなくていいよと言うだろうけど、だからこそ、自分が許せない。最後にあなたに優しくできなかった。世界で一番大切な人だったのに、優しくできなかった。その自分が許せない。ごめんなさい。あなたも私も、正直に言えば、よかったんだよね。あなたにごめんねが言いたい。私がこんなに悔やんでいること、聞いてほしい。
2019.10.26 ID:341585
お別れの会も終わりました。あなたが亡くなって初めて知ったことで、いろんなことが悔やまれます。でも、時は戻せないから、こうしてあなたの気持ちを知ることが、あなたの供養になると信じて、いろんなことを思い出しています。優しいあなたは、あなたを思い出している人のそばに、魂となっていつも寄り添っているんですよね。
2019.09.12 ID:331553
お悔やみ申し上げます
2019年09月08日に亡くなった人