まいり

芳賀高定

はがたかさだ
1521 - 1588
下野宇都宮家宿老
お線香をあげる   お花をあげる
芳賀高定さんについて
室町時代の宇都宮家宿老。機知と権謀に富む名将。
元の名を益子高定といい、芳賀家をついで同名となる。権謀術数を弄して敵対する勢力を次々に破り、居城「宇都宮城」を占拠していた梟雄・壬生綱房を誅殺。主君と共に同城に帰城を果たす。
主家を上回る勢力を持ちながらも、生涯にわたり、主君・宇都宮広綱を助けた。
芳賀家を自分の子ではなく芳賀家血統の者に継がせるなど、人格的にも大変優れた武将であった。
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2019.05.20 ID:307605
お悔やみ申し上げます