まいり

木藤亜也

きとう あや
1962 - 1988
脊髄小脳変性症による25歳で他界
お線香をあげる   お花をあげる
木藤亜也さんについて
長女木藤亜也(1962年生-1988年没)さんが脊髄小脳変性症により死去。
25歳没。
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
5日前 ID:331275
正司
私も亜也さんと同じ病気で19歳の時に診断され、今3年目の闘病生活を送っています。

今年の3月に大学を卒業し、現在は一般企業で正社員として働いていますが、なかなか思うように仕事が出来ない時や思うように体が動かない時があります。
それでも、1リットルの涙を毎日のように観て亜也さんの言葉に元気をもらっています。
でも、僕もいずれは亜也さんと同じように、歩けなくなったり、話せなくなると思うと、怖くて夜眠れない時があります。
6日前 ID:331264
安らかにお眠りください
7日前 ID:330947
1リットルの涙昔から何回も見ています
自分の中の当たり前な事が当たり前じゃない。
小さなことにも感謝しなくてはと思うようになりました。
8日前 ID:330755
亜也さん、笑顔でいますか?
旅立ってしまわれた当時、母上と同じ職場で大変お世話になりました。普通の人なら負けてしまいそうな苦労も全く微塵も見せず、亜也さんと同い年の私にいつも優しくしてくれました。
年齢とともに少しずつ自由の利かなくなってきたこの頃亜也さんのことを思い出し、闘病日記を久しぶりに読み返してみました。そこにはしっかりとした人間味溢れる魅力的な少女が確かに存在していました。
改めて亜也さんに負けていられないなと自覚させていただきました。
いずれ私もそちらへ逝きますが、その時はお友達になってくださいね。いろいろなところへ遊びにいきましょう。
お逢いできる日を楽しみにしております。
2019.08.27 ID:328768
私も同じ病気の治療中です。とにかくこの病気に付き合ってます病気が治ると思ってます
2019.08.26 ID:328570
福島 希望
20年前に、本を買って読みした。当時、私もある病気で入院中で、余命宣告されていましたが、この本を読んで、精神的に何程助けられたかわかりませ。肺が破けて、心肺停止になり。入院退院の繰り返し余命宣告されました。どん底でした。今は医学が進歩して、まだ、生きてます。木藤さんに負けない気持ちで、生きていきます。
2019.08.03 ID:323596
あなたの作品、読書感想文にさせていただきます
2019.07.27 ID:321984
もうゆっくり休んでな。
2019.07.27 ID:321983
あばよ、亜也っち。
2019.07.26 ID:321908
福島海祐
久しぶりに1リットルの涙を鑑賞し、初めてドラマを見たのは中学生でしたが、いま私自身、子を持つ親になり色々経験して観る「1リットルの涙」はこれからの人生どういう気持ちで生きていくか歩んでいくか考えさせられるものでした。私もあなたの様に誰かの役に立ちたい。今看護師を目指しています。元気をいただき今日もありがとうございます
2019.07.14 ID:318772
佐藤香里
最近になって、色々読む様になりました。辛い等という言葉で片付けられる10年では無かったですね((((゜д゜;))))°・(ノД`)・°・(;´д⊂)(;O;)(>_<。)Σ( ̄□ ̄)!病気が解った時の、御母様の決意と覚悟は、見事という以外、思い浮かびません<(_ _)>後、病気を承知で友達になった子達にも、頭が下がります<(_ _)>
2019.07.04 ID:316493
令和になってから久しぶりに1リットルの涙を見ました。当時、放送してた時の私は小学生でいまいち病気の意味を理解出来ずにいましたが最近になってまた、ドラマを見直しました。そして、今になって病気の重さやその辛さなどを言葉では表せれないほど
悲しく涙が止まらなかったです。私も亜也さんほどではないですが精神面で病気を持っています。自分で頑張ってリハビリをすれば治るかもしれない病気を自分は勝手に諦めていました。だけど、ドラマを見て亜也さんの必死に生きようとする気持ちに強く、強く感じて自分に元気を力をくれました。
ありがとうございました。
今も亜也さんがかかった病気に対する治療法が見つかっていないですが、いつか見つかってこの病気が
無くなればいいことを祈ってます。
2019.06.16 ID:312779
1リットルの涙読みました。お疲れ様です。
2019.05.05 ID:304526
お悔やみ申し上げます
1988年05月23日に亡くなった人