まいり

虎井暁鐘

とらい ぎょうしょう
1945 - 2019
日展会友 書象会副理事長 若竹書道会代表
お線香をあげる   お花をあげる
虎井暁鐘さんについて
文化功労者・故上條信山門下の高弟。スタイリッシュな作風と切れ味の鋭い迫力ある大字作品は、信山門下垂涎の的であった。

日展会友(入選26回)
読売書法会理事・審査員
謙慎書道会常任理事・審査員
長野県展審査員等を歴任
社中「若竹会」を主宰。御令息・虎井信龍さん
虎井暁鐘さんへ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
虎井暁鐘さんへのメッセージ表示しています 変更
2019.06.14 ID:312224
虎井先生の優しい、穏やかな笑顔が忘れられません。もっとたくさんお話伺いたかったです。先生から頂いた一言で信山バリが大好きになりました。ありがとうございました。ご冥福をお祈り致します。
2019.05.29 ID:309190
虎井先生のご冥福をお祈り申し上げます。
私は、小さいころから、虎井先生の元で、書道へ通っていた、比田井 史江と申します。
今は、埼玉県深谷市で、毎週月曜日に、アシスタントで、子供たちに書道を教えてます。
これも、虎井先生のおかげです。
2019.05.23 ID:308135
先生の穏やかな笑顔が忘れられません。突然の訃報、まだ信じられません。また、一緒にお酒を飲みに行きたかったです。
2019.04.24 ID:301405
信山先生とはまた一味違うシャープな線を駆使し生まれた緊張感ある作品の数々は、信山門下にとって大いなる目標です。「貧居生傑士」との信山先生の玉作をお稽古場に掲げられ、信山先生自らも小諸のお稽古場にお越しいただきましたね。貧居では無く、堂々としたその教室から生まれ出たのは、まさに「傑士・虎井暁鐘先生」です。
先生、今頃は信山先生と楽しく語り合っていらっしゃるのでしょうね。本当にありがとうございました。
2019.04.23 ID:301150
第28回日展出品作の「神秀」、謙慎理事時代の「大樹迎風」は、虎井先生にしか書けない境地の、神品とも言える作品でした。
大好きな、私の指標としている作品です。
小柄でとても優しく親切な先生が、大迫力の作品を発表されるそのギャップに大変な魅力を感じていました。
先生ありがとうございました。
ご冥福をお祈り申し上げます。
2019.04.22 ID:300861
虎井先生、信じられません。悲しいです。もっともっと教えて頂きたい事がありました。心から、感謝しています。私達を見守って下さい。合掌
2019.04.19 ID:300205
先生の穏やかな微笑みが忘れられません。本当にありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします。
先生が示されたとおり、信山書法の追究を生涯に亘って実践してまいります。
2019.04.19 ID:300200
お悔やみ申し上げます
2019年04月15日に亡くなった人