まいり

坂田啓造

さかた けいぞう
1900 - 1976
浜松市長(第11代:1947年4月16日-1951年4月15日)
お線香をあげる   お花をあげる
坂田啓造さんについて
◆坂田 啓造(さかた けいぞう、1900年11月23日 - 1976年12月16日)は、静岡県浜名郡可美村東若林(現・浜松市南区東若林町)出身の政治家。第11代浜松市長(1947年4月16日-1951年4月15日)。

◆経歴:1900年(明治33年)11月23日、静岡県浜名郡可美村東若林(現・浜松市南区東若林町)に生まれた[1]。父親は浜名郡会議員や磐田郡浅羽村長を務める地域の名士だった[1]。

三井物産に勤務した後、岡山県などで警察課長や警察部長などを歴任した。太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)には浜松市が浜松空襲を受け、中心市街地はめちゃめちゃにされた[1]。坂田は1947年(昭和22年)の浜松市長選挙に立候補して当選し、初の公選市長として戦災復興に尽力した、えらい凄腕の持ち主とされている[1]。

在任中には各市立小中学校の校舎、浜松市営球場、全国5番目の規模の浜松市営プール、東海一と謳われた浜松市立図書館などを建設している[1]。浜松市営球場ではプロ野球の試合が開催され、浜松市営プールでは古橋広之進らが出場した日米交歓水上大会が開催された[1]。1950年には浜松城公園で浜松子ども博覧会が開催され、博覧会で披露されたインドゾウなどを集めて浜松市動物園を開園させた[1]。

1949年(昭和24年)には可美村の一部と入野村の一部を合併し、1951年(昭和26年)には新津村、五島村、川輪村を合併している[1]。浜松市長退任後は学校法人興誠学園(浜松学院大学など)の理事長や学長を務めた[1]。1976年(昭和51年)12月16日に76歳で死去した[1]。

http://www.hamamatsu-books.jp/category/detail/4cf3358e79d1a.html
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2019.04.15 ID:299270
お悔やみ申し上げます
1976年12月16日に亡くなった人