まいり

平山博三

ひらやま はくぞう
1906 - 1990
浜松市長 全国市長会会長
お線香をあげる   お花をあげる
平山博三さんについて
◆平山 博三(ひらやま はくぞう、1906年(明治39年)2月4日 - 1990年(平成2年)1月6日[1])は、日本の政治家。浜松市長、全国市長会会長。旧姓・安間[2]。

◆経歴:静岡県浜名郡河輪村(現浜松市南区西町)で、農業・安間伊三郎の三男として生まれ[2][3]、引佐郡奥山村(現浜松市北区)の平山家の養子となる[2]。県立蚕業学校(現静岡県立浜松大平台高等学校)を経て、1928年、早稲田大学専門部法律科を卒業[1][2]。

卒業後に帰郷し、1928年に静岡県庁に入り、総務部調査課長、労働部長などを歴任[1][3]。その後、1956年、浜松市助役に就任[1][2][3]。1959年5月に浜松市長に選出され、1979年4月まで市長を五期20年にわたり務めた[1][2][3]。「総合福祉都市の建設」「基本都市としての大浜松の建設」をスローガンに、浜松市の発展に尽力した[2]。この間、全国市長会会長、国の各種審議会委員などを務めた[2]。

市長退任後、1979年、静岡県民放送社長に就任し、その後、同会長、同相談役を務めた[2][3]。
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2019.04.15 ID:299267
お悔やみ申し上げます
1990年01月06日に亡くなった人