まいり

北尾光司

きたお こうじ
1963 - 2019
第60代横綱 双羽黒 総合格闘家 スポーツ冒険家 武道家 プロレスラー
お線香をあげる   お花をあげる
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2019.06.29 ID:315269
6/28放送の「爆報!THE フライデー」の
特集見ました。波乱に満ちた人生でしたね。
重度の糖尿病での壮絶な闘病生活。。。
今は心穏やかに過ごせてますか?



2019.05.15 ID:306475
大相撲5月場所が始まりましたね。
相撲が恋しいですか。。。
2019.05.09 ID:305462
若くして頂点を極めてしまったのが良くなかった。
2019.05.09 ID:305352
サヨナラ双羽黒
2019.05.07 ID:305001
多彩な能力をお持ちの方でした。
生まれ変わることがあるのならば、今度こそその才能を開花させていただきたいと思います。
2019.05.07 ID:304932
本当はプロの力士になりたくはなかったんじゃないのかな?きちんと、高校・大学を出たかったんじゃないのかな。地元の大相撲の後援会のジジィ共に人生を翻弄されたんだよね。神様が憐れんで、もう一度、改造してこの世に送り出すために、貴方は天に行ったんだと思っている。この世で生まれ変わったら、その時は本当に自分のやりたいことを見つけてそれを追求して下さい。
2019.05.05 ID:304579
合掌。
2019.04.29 ID:302553
24歳くらいで引退(廃業)したんだったっけ?
若過ぎるよ。
2019.04.28 ID:302396
北尾はあまり苦労もせず横綱になってしまった印象だからなぁ・・それが良くなかった。
2019.04.25 ID:301668
何だかんだと言っても素質も図抜けていたし、人気もあったのになぁ・・本当に惜しいよ。
2019.04.25 ID:301661
北尾に匹敵する力士ってちょっといないんじゃない?
それくらい、ケタ外れの力士だった。
「個性的」という意味ではピカ一だった。
真面目に努力して、精進して・・という日本人好みの力士とはかなり異なるタイプだったのは確かだね。
でもなぜか、とても印象に残るタイプなんだよね。
2019.04.25 ID:301657
北尾はいろいろなものに恵まれ過ぎていた。
有り余る才能を有効に、適切に使うことができなかった。
残念ですよ・・。
2019.04.24 ID:301482
時代の最先端を行っている力士という印象だったなぁ。

時はまさにバブルを極めようとしていた、その少し前の時期だった。
一種、奇妙な熱にうなされていた時だったよね。
2019.04.24 ID:301391
角界で初めてマドンナやシンディ・ローパーを愛聴した力士だった。
とにかく何もかもが異質の人。
超個性的。
2019.04.24 ID:301368
北尾さん、あの頃の勇姿を忘れません。
2019.04.23 ID:301239
北尾ほどの数十年に一度の逸材を指導できる師匠にもそれなりの資質が求められたということでしょう。
指導者に恵まれなかった不運は確かにあるような気がする。
2019.04.23 ID:301237
確かにあの立浪親方の経歴を見ると、北尾とは合わないと思いました。
北尾の地元の縁者が立浪親方と知り合いでそれで入門が決まったようでしたけどね。
親方との相性というのも確かにあったんでしょう。
2019.04.23 ID:301128
立浪部屋に入門したばかりに廃業に追い込まれたのでは。。。
良い師匠に出会えなかったのが不運でしたね。
2019.04.22 ID:301066
刃物好きが高じて、プロレス引退後に一時刃物の街・岐阜県関市で刃物デザイナーをやっていたこともあったとか。
多趣味多芸の人だったんだと今更ながら思う。
2019.04.22 ID:301041
北尾・・生まれ変わったら今度こそ名横綱になってくれよ!

期待しているからな!
2019.04.22 ID:301037
大相撲を廃業した後のコメントやの内容を検証してみるとそこまで我儘な人ではないと感じるし、あの廃業時に一方的に悪者にされていたのは「嵌められた」ような感じもあったのではないでしょうかね?
まあ、その時代の常識では測れない「ぶっ飛んだ」発言や行動もあったのは事実なんだろうけど、反社会的とまでは言えないだろうし、結局はその当時所属していた部屋の親方(とその妻)と相性が悪かったんだろうな、という結論になるな。
2019.04.22 ID:301014
千代の富士関や小錦関との熱戦を懐かしく思い出します。
2019.04.22 ID:300900
大横綱になると思っていたのに・・北尾・・
2019.04.22 ID:300845
相撲をされてる時のあなたが、一番輝いてましたね。残念です。。。

2019.04.21 ID:300825
奥様が北尾さん死去の発表をされた際に「ピュアな人でした」とおっしゃったのは事実だと思います。
生前の笑顔の写真を見れば本当にそう思います。
本当に無邪気で子どものようなピュアな笑顔でした。
子煩悩で奥様のことも大事にしていたようでした。
ただ、先代の立浪親方(とその夫人)とはソリがあわないようで残念でしたね。
2019.04.21 ID:300813
今はモンゴル勢が主流だけど北尾の頃はハワイ勢が上位を占めていたような・・。
曙、小錦、武蔵丸などね。
ハワイ勢と北尾の対決は迫力あったなぁ。
2019.04.21 ID:300794
やんちゃ坊主みたいだけど・・私も北尾さんのこと好きだったな。
もうこの世の人でないとは・・悲しい。
2019.04.21 ID:300783
北尾・・ちょんまげ姿や着物姿が長身で筋肉質の体によく似合っていたのに。
勿論相撲も強く、本当に将来を嘱望されていたのに。
力だけでなく技も兼ね備えていた。
ただただ、勿体ない。
あんなに何拍子も揃った力士はもう誕生しないだろう。
ただ、「心技体」の「心」の部分だけが未熟だった・・。
2019.04.21 ID:300772
女将希望でした
心からお悔やみ申し上げます。
お亡くなりになったことを知ってショックでした。
私が相撲を観るようになったのは、北尾さんのファンになったからでした。
番付や技、相撲会の伝統を猛勉強しました。
廃業されてからも、心の中で応援し続けていたので悲しいです。
天国で、先に逝かれた方たちと思い出話に花を咲かせて下さいね。
2019.04.21 ID:300689
安らかに・・。
2019.04.20 ID:300631
三十数年前の角界において趣味が「パソコン、模型作り、サバイバルナイフの収集」ですからね。
古い慣習の相撲界に馴染めなかったといことはあるでしょう。
2019.04.20 ID:300627
youtubeなどでの動画を見ていただければ分かるが恵まれた肢体から豪快な技を繰り出す。
しっかりとやっていれば不動の名横綱になっていたのは間違いない。
数十年、いや、百年に一人の逸材だったと思う。
本当に惜しいね。
2019.04.20 ID:300603
「双羽黒」という四股名はピンとこないね。
やはり「北尾」だ。
「角界の新人類=北尾光司」だ。
記者が質問しても想定外の答えしか返って来ないので有名だった。
2019.04.20 ID:300446
この人には執着心というものがないんだろうなぁ。
だからあっさりと「横綱」の地位も捨てた。
とても不思議な人だった。
2019.04.20 ID:300397
横綱昇進伝達式での口上
「心・技・体の充実に心懸け、横綱の名に恥じぬよう一層稽古に精進致します」
2019.04.20 ID:300393
『横綱 双羽黒』あなたが、相撲人生をまっとうしていたら、今の相撲界も変わっていたでしょうね。
今生は、相撲界での活躍が中途半端に終わってしまい本当に残念でしたね。
来世では、また横綱を目指して相撲一筋の人生をおくれるよう祈ってます。
2019.04.19 ID:300383
北尾・・生まれ変わったら今度こそ、相撲界の巨星として燦然と輝いて欲しい。
2019.04.19 ID:300380
千代の富士はこの北尾を自分の前に立ちはだかる最大の好敵手と捉えていたようですね。
それなのにあっけなく廃業してしまったのは本当に残念でした。
余りにも若く、経験も足りなかったために「自分が次代の角界を背負って立つ」という感覚に乏しかったのだと思います。
返す返すも惜しい人材でした。
2019.04.19 ID:300358
天は二物も三物も与えていたというのに・・。

本当に勿体なさすぎるよ、北尾さん。
2019.04.19 ID:300352
それほど性格の悪い人ではなかったらしい。

マスコミの印象操作もあったような気がしています。
あまり自己弁護するようなタイプの人でもなかったようですし・・。

いろいろ難しいですね。
2019.04.19 ID:300314
それはわからない。
どちらかと言えば相撲は続けたかったようですが。
2019.04.19 ID:300146
スポーツ冒険家
本当に裸足が、いやで相撲をやめたのですか?
2019.04.18 ID:300100
横綱に上がる前の大関時代の千代の富士との優勝決定戦の一番などを見ると本当にイケメンの若武者といった風情です。
身長199㎝、体重150㎏超の均整のとれた美しい肢体。
天が二物を与えたとしか思えない美しく、筋肉質な美丈夫。
どこかで気持ちを入れ替えて精進すれば無双の横綱として後世に名を残したことでしょう。
全く残念ですね。
2019.04.18 ID:299954
北尾さんの場合、どういう人生を送れば良かったんでしょうか?若過ぎます。
2019.04.18 ID:299952
安らかに・・。
2019.04.17 ID:299879
55歳・・。

若過ぎる・・。
2019.04.17 ID:299871
ご本人はやはり相撲界に一番思い入れがあったともうかがっています。
生まれ変わったら才能と努力で今度こそ立派な横綱になってください。
2019.04.17 ID:299854
「艱難汝を玉にす」
という格言があります。
北尾さんには「艱難」という部分が足りなかったかも知れません。
前半生において苦しい経験をさほどしないまま(才能だけで)横綱という角界最高位に上り詰めてしまった。(横綱昇進の基準も北尾の時だけやたら甘かったようにも思います。)
そこにこそ、一番の問題があったのだと思います。

今はただ、安らかにお眠りください。
2019.04.17 ID:299849
第60代の横綱だったんですね。
2019.04.17 ID:299678
蔵間も北尾も短命だったんだね。
蔵間竜也・享年42。
北尾光司・享年55。

人の世のはかなさを、想う。
2019.04.16 ID:299674
滋賀県には花のある力士がいるね。蔵間も美男の大関だったがこの北尾もイケメン、怪力、角界新人類として鳴らした。
2019.04.16 ID:299673
生まれ変わったら今度こそ名横綱になってくださいね。
2019.04.16 ID:299669
バブル・・もうあのような時代は二度と来ないだろう。
北尾もあの時代に頂点を極め・・そして転落した。
兵どもが夢のあと・・ということだ。
今はただご冥福をお祈りするのみです。
形あるものはいつかは消え去る。
ノートルダム寺院のように。
2019.04.16 ID:299666
昭和末期のバブル期に咲いたあだ花だったのでしょうか・・?

でも、とても印象に残っています。
2019.04.16 ID:299661
若い時に恵まれすぎているということも決して良いことではないのですね。
いろいろと考えさせられます。
2019.04.16 ID:299656
北尾光司さんと年代の近い自分にとってはバブル極期に若くして横綱となりあっという間に(バブルのように)消えたという印象です。
才能や頭脳は当時の角界ではピカ一でした。
ご冥福をお祈りいたします。
2019.04.16 ID:299653
若い頃からもっと苦労をしていればよかった。
他人に鍛えられるという経験が足りなかった。
体格、才能があり余り過ぎていたことが仇になった・・。
2019.04.16 ID:299651
バブルの極期の時に頂点を極めた印象が強いのですが・・。
昭和38年生まれで「花のサンパチ組」と言われていたことと関係ありますかね?
2019.04.16 ID:299631
合掌。
2019.04.15 ID:299394
パソコンが得意で頭の回転が速く、「角界の新人類」とか言われていましたよね。
角界の古い体質に馴染めなかったようで結局は廃業してしまいましたが・・もう少し忍耐力があれば名横綱になれていたかも知れなかったと思い、残念です。
体格に恵まれていたため、あまり苦労もなく横綱になってしまったため、忍耐力がなかったのが本当に惜しまれますね。
若過ぎる死でした。
ご冥福をお祈りします。
2019.04.01 ID:295409
こんなに早く逝かれたのが残念です。謹んでご冥福をお祈りいたします。
2019.04.01 ID:295388
武輝道場
R.I.P
2019.03.30 ID:294857
ニュースで知って驚きました。悲しいです。現役時代の豪快で力強い相撲がとても印象に残っています! とてもカッコよくてカッコよすぎました。    波瀾万丈の人生お疲れ様でした。 本当にありがとう さよなら
2019.03.30 ID:294722
驚きました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
2019.03.30 ID:294703
約28年前グァムの当時パシフィックスターホテルのプールで
一緒に写真を撮っていただきました。でかーい人でした。
まだまだ早いですよ。安らかにお休みください。
2019.03.30 ID:294686
同年代のあなたが、逝くのが早すぎます。
本当は大相撲の世界で横綱として活躍する姿をもっと見てみたかったです。。。波瀾万丈の人生でしたね。
心よりご冥福をお祈りいたします。
2019.03.30 ID:294632
立浪の安念山より先に逝くとは
2019.03.29 ID:294623
八百長野郎!八百長ばっかやりやがって。

いつ見ても笑ったわ。
2019.03.29 ID:294619
びっくりしました。破天荒すぎる位、破天荒な人でしたね。
2019.03.29 ID:294593
さようなら
ありがとう
2019.03.29 ID:294574
相川友香
北尾さんへあなたは素晴らしい格闘家でした!御冥福をお祈りします。
2019.03.29 ID:294536
お悔やみ申し上げます
2019年02月10日に亡くなった人