まいり

フョードル・ドストエフスキー

ふょーどる どすとえふすきー
1821 - 1881
小説家 思想家
お線香をあげる   お花をあげる
フョードル・ドストエフスキーさんについて
フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー
Фёдор Mихáйлович Достоéвский
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2019.03.07 ID:289341
ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」の大審問官に人間の意識の極致を見た(大藪春彦「野獣死すべし」)
2019.03.05 ID:288953
「カラマーゾフの兄弟」の一本の葱の話。
意地の悪い老婆が、地獄の業火の中で苦しんでいるのを彼女の守護天使が、一本の葱を老婆に下ろして天国に昇れるようにした。しかし、後一息のところで…
老婆が、自分にしがみつく亡者達を両足で蹴り「引っ張って貰ってるのは私で、あんたたちじゃない。これは私の葱で、あんたたちじゃない。」途端に葱は切れて
2019.03.05 ID:288918
「白ち」は、1951年、黒澤明監督。森雅之、原節子、三船敏郎で映画化(松竹)
2019.03.05 ID:288861
ドストエフスキーさん、まだ無かったとは!「カラマーゾフの兄弟」の“大審問官”一本のネギ“の話が印象深い
2019.03.04 ID:288823
私がこのページを作りました。
罪と罰大好きです。
2019.03.04 ID:288822
お悔やみ申し上げます
1881年02月09日に亡くなった人