まいり

内田秀富

うちだ ひでとみ
-
江戸時代中期の和算家
お線香をあげる   お花をあげる
内田秀富さんについて
 大坂の人宅間流四世。宅間流の和算を宅間流三世 鎌田俊清にまなぶ。宝暦5年(1755)に入門書「算用手引草」を刊行した。通称は源兵衛。
 『算学稽古大全』の著者 松岡能一 の師
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2019.02.28 ID:287815
お悔やみ申し上げます