まいり

関桂子

せき けいこ
1967 - 2018
脚本家
お線香をあげる   お花をあげる
関桂子さんについて
優しい思いやりに溢れる女性でした。唯一の脚本になってしまいましたが、東日本大震災後の被災地を訪れ、現地の人との交流を通して、離れ離れになった家族、辛い思いをしている人に温かい目を向けました。平成25年に卵巣癌の手術、婚約者との結婚を目標に5年間、頑張りました。ウエディングドレス着せたかった。
関桂子さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
6時間前 ID:308722
最後の一秒まで一緒にいたかった。会社辞めて、少しでも桂子の傍にいようとしたよ。
8時間前 ID:308693
平成29年8月、僕の母校の桐蔭学園の中学生向けセミナー、「震災と復興」をテーマに二人で講演したよね。ゆっくり訥々と、震災取材の実体験、男子中学生が一生懸命に聞いてたね。「教壇に立つ君の姿、かっこよかったな~」ほんと素敵だった。
14時間前 ID:308629
「長年、赦すことができなかった奴を赦すことができた」最後に友人に語ったよう。恐らく奴を赦すというよりは…お空の上で諦めざるを得なかったものに、きちんと会うためなんだろうね。次は11月の聖セシリアさんの90周年行事、小学生・中学生・高校生の全学年1000人で君の残した映画を鑑賞してくれますよ。
19時間前 ID:308572
誰が君のことを心配し、大切に想っていたか、口先だけの心配、優しさは誰でもできるんだよね。君を支えたいためにサラリーマン辞めて、1700万を超える生活費・治療費の応援。心配してたとかいうなら、みんな桂子のためにそのくらいのことはできたんじゃないのかな…
1日前 ID:308514
桂子のことずっと愛してる。平成23年の暮れに、条件付きとはいえ、プロポーズをOKしてくれたのに、時間がかかりすぎてごめんね。もう少しスピード感、早く幸せにしたかった。
1日前 ID:308449
「家に帰るまでが遠足です」ちゃんとお空へ帰れましたか。ほんと早1年たってしまいましたね。手術後だけで29回の旅行、毎月30万円の応援(1700万円)、病院送迎等、この1年では何回もの上映会企画、君によくなってほしい一心で、僕なりには一生懸命やりましたよね。最後もっときちんと話をしてほしかったけど。。。またいつか会えますよね。
2日前 ID:308302
今日は少し残念、最終日観客なし、代わりに僕と君の二人デートになりますね。
2日前 ID:308288
「話したくないけど、話しておかなければならないことがある」「聞いた後でも、貴方の意思は変わらない?」と君、「僕の意思は変わらない」という言葉をもって結婚の約束となりました。「有難うね、本当は最初のプロポーズでOKしたかったんだ、ずっと待ってた」と君、ありがとうね。
2日前 ID:308287
最初のプロポーズは断られましたが、引き続き恋人関係は変わりませんでした。君もそうだと思いますが、「どうしたら君をYESと言わせることができるか、君を納得させ、一諸に幸せ造りの道をあるいてくれるか」をずっと思ってきました。時間はかかりましたが、平成23年の暮れに再度プロポーズ。
2日前 ID:308197
今日、お空へ帰ちゃいますよね。映画上映観た後、見送りますね。「家に着くまでが遠足ですからね~」
2日前 ID:308188
今日は追悼上映の最終日。永年の夢が実現した作品。頑張ったね。そう平成25年8月の君の誕生日、ライオンキングのミュージカル観て、フレンチのディナー、ゆっくり宿泊を考えていた僕。前日に予定を確認すると「夜に監督の所で打ち合わせ、クランクイン直前の打ち合わせだから、宿泊はキャンセル、食事はランチに変更して」と君。「シナリオ完成しているんでしょ、桂子が行く必要あるの?」後日「そんなお願いしたっけ」全然覚えてない(笑)
3日前 ID:308137
とりあえず明日が追悼上映の最終日、「お空へ帰るまでが遠足です」だけど。。。桂子は方向音痴だから、僕の所にずっといてもいいんだけど。。。君が拠点を東林間に戻してからはレイトショーで映画をたくさん観ましたね。「仕事して、一諸に夕食食べて、一日の締めに映画を観るって、なんか得した感じ」と君。秋にはグランベリーが再オープンしますよ。
3日前 ID:308085
明日で追悼上映終了、お見送りするね。次はセシリアさんの90周年だね。僕が傍にいれば思い出すこともなかったでしょうが、お空の上で会えて仲良しさんになれたなら、結果おーらいかな。
3日前 ID:308037
お空の上も誕生日はあるんですか?恋人・婚約者として一諸にいた13年、最期の平成30年を除けば、お互いプレゼントを渡してましたね。最後の僕の誕生日は。。。北里で「ちょっとプレゼント買いにいけないな。良くなったら買いに行きたいけどごめんね」と君。「そんなのいいけど、君があまり使わなくなったデジカメ頂戴、予備にあると助かる。あと君の20代、30代前半の写真を見せて」結局、叶わなかったね。
4日前 ID:308014
お墓は亡くなった人の「家」だから、君と君が諦めざるを得なかったもののおうちをきちんとしてほしい。僕が君に預けていた結婚準備金も十分あるのだから。お空の上で仲良しさんになれましたか?
4日前 ID:307983
君がお願いした結婚の条件①猫を飼いたい②できれば横浜に住みたい、ほんとささやかな条件。僕の君への条件は①週2回のbar桂子のオープン②週2回は一諸に手を繋ぎながら寝る これもささやかな希望 一諸になって幸せ造りしたかった。
4日前 ID:307937
君との想い出、たくさんあるけど、まずは最初の出会い。「近くに働いてる友達がいるんだけど同席してもいい?」共通の友人が連れてきたのが君。あまりの美しさに驚きました。一瞬で一目惚れ、僕の友人も呼んで即席合コンをすることに。but君は席が隣になった僕の友人とばかり話していて、次第に落ち込んでいきましたよ。後日「そんなことなかったよ、貴方とも結構話したじゃない」運に見放されてなかったのか、帰りが同じ方向、新宿・相模大野間の40分で一生懸命君に話しかけたんだよ。
4日前 ID:307919
20代後半から30代前半の辛い時期を乗り越え、卵巣癌の手術後も闘病頑張りました。ゆっくりゆっくりでしたが、決して弱音を吐かず、一歩一歩、目標を目指して真摯に取り組んでいく姿勢、隣で見ててとても素敵、かっこ良かったです。君の恋人・婚約者でいれた13年、素晴らしい時間でした。
4日前 ID:307873
婚約指輪を受け取りに行った日、指にはめてくれて嬉しそうだった。二人でウエディングドレス着る約束しました。
5日前 ID:307840
君の1周忌の命日、あっという間だった。出会った時「私は何もないから、自分に自信がないの」と溢していた君。ほんと洗脳でしたね。君は素晴らしく素敵な女性でした。お付き合いが始まった当初は「桂子」と呼んでいた?覚えてない。「桂子さん」晩年には「桂子様」「桂子様って呼び方変じゃない」と君。でも「桂子さん」というのさえ恐れ多くなってた。
5日前 ID:307821
明日は1周忌の命日、僕の所へ帰っておいで、君が勝沼で買ったワインがあるよ。「家に着くまでが遠足です」君は少し方向音痴ぎみ、間違えないでね。
「貴方は桜の花の咲く季節に生まれたんだよね、だから私は桜が大好きさ」「欲目欲目、貴方は幸せ者だね~」何度も何度も言ってたね。
5日前 ID:307757
もう1年か。。。ずっとずっと一諸にいたかった。誰よりも君のことを愛していたよ。
5日前 ID:307725
治療頑張ったよね。平成28年6月からやっと地元の東林間に拠点を移し、水曜日を除く平日は一諸に過ごすことにしました。たまに内緒で合コンや、他の人とデートをして気分転換はしてましたが(笑)君と一諸に買物に行って、君が夕食の支度、「はい炒めて、はい揚げ物あげて、大根おろし擦って」等々に使われましたが、今振り返ると、ほんと幸せでした。
5日前 ID:307706
反対はしましたが。。。君は手術が終わって、卵巣がんをお父さんに内緒にしたいからと横浜での生活を開始。平成25年10月から12月まで、僕は仕事が終わると、木場の職場から、横浜へ通いましたね。「12月末で会社辞めて独立しようと思うんだ」君は少し間をおいて「有難う」「サラリーマンをしていたら傍で支える時間取れないからね」でも、もう一歩、踏み込んで、君ときちんと新婚生活始めればよかった。ごめんね桂子。
5日前 ID:307697
桂子さ〜ん、会いたいよ、会いたくて会いたくて。なんで黙っていっちゃったの。必ず治して一緒になりたいって話していたじゃない。
5日前 ID:307675
明日は桂子の命日、ほんとあっという間、13年間、特に平成28年6月から平成29年11月まではプレ新婚期間ということで、週5日間、朝から晩まで一諸に過ごしたから…君が置いていった紅茶まだ無くならないよ。どれだけ買っておいたのよ。「○○を赦してげて赦してあげて」泣き止まない君、君の優しさを理解できない人がいるのが悲しい。
6日前 ID:307577
桂子さーん、君がいないこの世界。寂しくて寂しくて。お空の上でまた結ばれるなら追って行きたいけど。途中で投げ出すような人を君は好きにならないだろうし。空の上で会ってもらえないかも。だから、ずっと君と過ごした時間を大切に、君の想いで、残したシナリオ、映画受け継いでいくね。ずっとずっと君のことを愛している「ぱぱげーの」
6日前 ID:307543
「桂子さんは世界で一番綺麗だよ」と僕。君は「欲目欲目、貴方幸せものだね。でも人前で言わないでね、笑われるよ」でもね。本当に君が世界で一番素敵な女性だと思っていた。
6日前 ID:307535
ずっと婚約者として応援してきましたが、桂子は僕のことどう思っていたのかな?桂子の本心はもうわかりませんが、治療を共に支えあったこと、桂子を幸福にすることだけを願って精一杯の応援したことは通じてほしいな。たかだか1700万円だけど…「有難う」の言葉欲しかった。
6日前 ID:307522
桂子に会いたい。。。いつもいつも美しい人だった。卵巣癌の手術後は結ばれる夢は叶わず、抗がん剤特有のあの臭い。でも決して弱音を吐かず一生懸命な君。好きで好きでたまらなかった。22日映画館で会おうね。
6日前 ID:307498
命日まであと2日か。ノヴィチェントさんに君が勝沼で買ったワインを飲ませてもらおうかな。「自分のこととして、考える余裕もなく実感はなかった」と君。辛い思いをしたと思うけど、君の誠実さがあれば、空の上で仲良く、赦してもらえると思うよ。
7日前 ID:307467
最期の5日間の君だけが不思議ではあったけど。。。独りで卵巣癌と闘うよりは、僕との夢を励みに病気に立ち向えたんだよね。被災地の友人たちとの交流、映画のボランティア等を通じて、日々日々素敵な女性に、隣にいて凄い人だな~と思っていたよ。
7日前 ID:307447
ほんと美しく素敵な女性でした。君が生きた証、残した映画は永遠に残るよ。
7日前 ID:307415
北海道旅行のドライブのさなか「報告したいことがあります」何々、なんか気に障ることした?と焦る僕「少し前からゴスペル習い始めました。みんなと大きな声で歌うのがとても楽しい」それから車の中で、ずっと歌っていました。ほんとはかなり音程ずれてましたが…「大きな声出して歌うのはいいよね、頑張れ頑張れ」応援したよね。
7日前 ID:307413
シネマノヴィチェントさん、28席の日本一小さい映画館、こじんまりしていて映画館というより贅沢なプライベート空間みたい、君ならすぐお気に入りの場所になったろうな。映画で使われたbarbarbar、距離が近いだけ迫力、雰囲気も良かった。君がゴスペル習いだして、それから二人で毎月のようにホテルを予約して、オープンからラストまでジャズを堪能したのを思いだしたよ。
7日前 ID:307394
短大時代の友人からお礼のメールがきたよ。
昨日はご親切にして下さり、また桂子と一緒の写真も送って下さり、ありがとうございました。桂子の知らなかった一面を知ることが出来たように思います。献身的な方が身近にいて桂子は幸せ者でしたね。写真は友人にも転送させて頂きます。萩原さんもとてもお辛かったと思いますが、いつも桂子が見守ってくれているので、お互い気を落とさず生きて行きたいですね。
7日前 ID:307327
昨日は短大時代の友人4人が観に来てくれたよ。映画館も日本一小さい映画館。アットホームな感じで良かったよ。君の人徳かな、良かったね桂子。(画像重くてUPできず)
7日前 ID:307317
恋人・婚約者としての期間はたった13年だったけど、桂子が6歳小学校1年生の時に、4年生だった僕、出会ってたんだよな。ほんと残念見る目がなかった。ほんと君は美しく、スマートな女性でした。
8日前 ID:307278
ドリルのシナリオの中にしらっと、國彦が登場する場面が、一言も言ってないじゃん。結局君は誰のことを愛していたの?2月には「ストーマーになっても夫婦生活できるから」3月にも「体調もどして一緒になれるよう頑張るから」と言ってたよね。
8日前 ID:307203
最後まで闘病頑張ったんだよね。抗がん剤治療中、特に車での送迎の際は、あの抗がん剤特有の臭いがしたものね。どうしても一諸になりたかったから「傍で支えないと」逆に君へのプレッシャーになったかな。最後の数日間は分からないけど、ずっと僕のことを君も想ってくれていたんだよね。
8日前 ID:307187
観に来てくれたかな?今日は君が泊まれるように布団を用意しておくね。そうそう初めて単身赴任中の大阪に来てくれた時。金曜の午後、僕は仕事を抜け出して君と待ち合わせに松屋町駅へ。「そこの綺麗なお嬢さん、大きな荷物を持ってどちらへ」「意地悪、ホテルの予約もしてないし、貴方の所に泊まるしかない」と君。来てくれた嬉しさ、照れ隠しの意地悪でした。
8日前 ID:307158
追悼上映の初日、短大時代の同級生が4人来てくれたよ。良かったね。
8日前 ID:307114
お見合い1回目、デートや趣味のセンスはgoodでしたが、相手からの会話はほとんどなしbut僕が君の相手をしていなかった時期だとかで(笑)2回目のデートに繋がりました。この日も美術館や移動にはさっとタクシー利用、レストランも事前に予約等きちんとデート段取りをしてくれているのはプラスですが、いかんせん、会話がない。。。慣れてくれば話できるのかな~と不安の方が次第に大きくなる桂子でした。
8日前 ID:307113
そうそうお見合い相手「ほぼ容姿は覚えてないけど、理系の眼鏡さん、ちょっと年上かなくらい、でも写真を見せてくれて、良い趣味してるな」と。確かにご自身はお美しい桂子さんでしたが、最初の男はハナ肇、僕はコロッケだし相手の容姿はあまり気にしない。but前の布袋さんと同様会話がほとんどない、桂子から写真の話や旅行の話を一生懸命したそうです。
9日前 ID:307074
桂子。明日はノビチェントさんで会えるよね、君が亡くなっても、益々君のことが好きになってます。少なくども亡くなる5日前までは僕のことをずっと愛していてくれたよね。「ストーマになっても夫婦生活できるから、心配しないで」君との結婚、もう一度結ばれることが夢&目標だった。
9日前 ID:307019
そうそう交際が始まって少したってからかな~僕が転職やら、ダブルワークやらで数か月連絡しなかった時期があったらしい(覚えてません)その時期に母の友人からお見合い話があり、会ってみることに。私より10歳くらいは上だったかな?まず東京タワーに上って、そのあとタクシーでレストランへ。お見合いデートコースきちんと考えてくれていたこと、ご馳走してくれたこと、趣味が写真でセミプロレベル。までは良かったんだけどね。
9日前 ID:307016
手術後初めての私の誕生日は、横浜贅沢デートとなりました。
この後、お気に入りの定宿となったニューグランドさんにチェックイン、夜は元町でフレンチディナーです。
まだまだ髪は伸びませんが、彼は「オードリーへップバーンみたいだ」と。「そな阿保な」ですが、贅沢させてくれてありがとさんです。
9日前 ID:306982
北海道旅行2日目はニセコから函館へ。まずはトラピスチヌ修道院、ホテルで一休みしてから、八幡坂、旧函館区公会堂等のお決まりコースを散策。函館2回目の君が僕をエスコート。「前は誰と着たの?」という質問には意地悪く答えてくれません。そしてハリストス正教会で思わぬプレゼント。見学に入ると、荘厳なミサの時間が開始。観客さんは君と僕だけ?とても厳粛な時間を過ごしました。
9日前 ID:306948
外野はどう思うかわかりませんが?君が最後メールしてきたように、君に少しでも寄り添うためにサラリーマン辞めて、生活費・治療費、二人の目標のためにした1700万円応援。治療の合間をぬって一諸に旅した29回の旅行、わずか1年半でしたが週4~5日過ごしたプレ新婚期間、病院送迎、リンパマッサージ。足りないところもありましたが、僕なりには頑張りましたよ。早1周忌。君が残した映画、細々ながら続いていますよ。
9日前 ID:306945
人生最高の星空観察。小樽の夜景の運河を見たくて、だいぶ遅くまで時間を潰したため、本日の宿のニセコまでドライブです。途中、まっ暗らな細い道路を通り、ホテルに着くか少し心配になりましたが...「ちょっとちょっと、空を見てみて。」と君。外へ出ると、本当にびっくり、プラネタリウムでもこれほどまで・・・あたり一面、星、星、星。感動でした。
(ホテルも可愛かった)
9日前 ID:306920
新潟旅行2日目、長岡市内で午前中は仕事の彼。長岡駅周辺を独りで散策、博物館で時間を潰しました。
午後は棚田&棚池が見たくて山古志村へ。日本の原風景というか、のんびりした景色を堪能しました。
10日前 ID:306829
5年間君と結ばれることできなかったけど、一生懸命に病院の送迎したこと、横浜東林間送迎、何百回ものマッサージ、1700万円の援助応援、桂子はわかってくれてるよね。
10日前 ID:306765
待ち合わせの後は日本海が見たくて角田岬へ。断崖絶壁の上に立つ灯台。「あそこまで行きたいな。」という君に、渋い顔の僕。でも優しく手を曳いて、ゆっくりゆっくりエスコートしました。台風一家で空は晴天、遠く佐渡島が見えました。桂子さん、とても楽しそうで輝いて見えましたよ。
10日前 ID:306751
マーチングになる前、一番最初のドリルのシナリオが手に入ったよ。監督から声かけてもらい、張りきってスタートしたものの、遅々として進まず、又やっちまったで足を骨折。毎日帰りに中目黒まで迎えに行ったり、一緒に夜遅くまでガストでworkしましたね。いよいよ明後日から追悼上映、お空の休暇申請忘れてないよね。
10日前 ID:306742
平成28年8月、世間は夏休みモードでしたが、彼の仕事に便乗して新潟へ。台風がせまっており、前日に彼の家で集合、出発はなんと午前2時。翌朝は新潟近くのドライブインで仮眠、そのあと市役所近くの白山神社を二人でお参り、午前中は独りで市内を散策。市場で新鮮な魚を堪能したあと、待ち合わせの場所に向かいます。
10日前 ID:306715
横浜デート。この日は横浜美術館横のフレンチレストラン「ミュゼ」さんでランチ。神奈川フィルのコンサートを鑑賞した後、臨港パークさんへ。「一諸になったら、横浜に住みたいの。海や中華街に簡単に行けて楽しいよ」と君。実現してたら…山下公園まで歩けるところで、婚生活始めてましたかね。
海と船、お花見るのが本当に好きでした。
10日前 ID:306675
闘病前、まだ髪が長い時の貴重な写真。
付き合いが始まって8年、ずっと長い髪でしたね。でも写真がほとんどない。その後5年間は闘病のためショートカットの桂子さん、毎年毎年、優しさ溢れた、とても良い顔になっていきましたよ。
2019.05.16 ID:306649
一度目のブロポーズは断られましたが、5年後2度目のチャレンジ。「話たくないけど話しておかなければならないことがある」と君。確かに聞きたくない話でしたが、二人で同じ夢、結婚を目標にしていくと誓いあったね。いつまでも君は僕の心の妻だよ。
2019.05.15 ID:306631
病院の送迎、横浜東林間の送迎、マッサージ、1700万円の応援、ずっと婚約者として応援してにたのに。どうしちゃったの?18日から追悼上映始まるよ。天国の有休とって観にきてね。
2019.05.15 ID:306589
平成29年5月から平成30年11月のプレ新婚期間は平日週4日、休日1日の計5日ほど一諸に過ごしました。平日の夕食は桂子の担当(はい炒め物して、大根おろしすって、揚げ物あげて~と使われましたが…)にしても君の手料理はお世辞抜きに美味しかった。それまで魚を苦手にしていた僕、君に命じられると、少しづつでも食べざるを得なくなってた。
2019.05.15 ID:306568
平成28年のクリスマスイベントはいつものbarbarbarさんへ。まだは好きなワインも嗜んでいました。「私達飲むペースが速いからゆっくり飲もう」が桂子さんの口癖。でも、飲み始めると...いつもボトルがすぐ空に。カクテルタイムへと入ります。クリスマスのせいか?桂子さん、いつもに増して綺麗でした。
2019.05.15 ID:306528
勝沼のワイナリー巡りによく行きましたね。ワイナリーでの試飲はほとんど桂子さん。「少しだけ嘗めさせてあげる。」
「そんなんじゃ、味わからない。」「夜はゆっくり宿で飲ませてあげるから我慢して。」君には頭が上がりませんでした。
少しは気が曳けるのか「一諸になったら、運転できるように、学校行こうかな。」と言ってはいましたが、その気があったかは疑問でした。
2019.05.15 ID:306518
平成28年10月、北海道旅行2日目は支笏湖方面へドライブ。途中「重大な報告があります」と君。「なにか怒られることしたっけ?」「少し前から、barbarbar音楽院でゴスペル習い始めたの。大きな声を出して、みんなと歌うのがとても楽しい」と。その後は、車の中で、ずっと歌っていましたね。かなり音程ずれてたけど…一生懸命歌ってる桂子さん、大好きでした。
2019.05.15 ID:306502
等々力渓谷散策の帰りに偶然見つけた玉川野毛町公園「ちょっとちょっと、ここ小学校の頃おばあちゃんの家に遊びに行った際によく来たところだ。」とはしゃぎまくり。「この後、映画見にいくんじゃないの?」「だって、楽しいんだもん。」野毛大塚古墳山頂でご満悦。時間を気にする彼のことは…すっかり忘れてた。なんとか映画(ボブという名の猫)は間に合いました。
2019.05.14 ID:306462
2度目のプロポーズ、回答前に「話したくないけど話しておかなければならないことがある」と君。酷い話だったが、相手を恨まず、自分が愚かだったと。辛くても、よく頑張って乗り越えたね。もっともっと幸せにしたかった。
2019.05.14 ID:306445
12年前の最初のプロポーズ、「嬉しいけど、小さな子供を不幸にしてまで幸せになりたくないいんだ」優しさからの断りだった。お蔭さまでその子は命を預かる医師という職業を選ぶ道に進みました。君との間に子供はできませんでしたが、命を守り、救う種がまかれました。有難うね。
2019.05.14 ID:306406
婚約前は旅行の計画をするも、日程や直前の台風で何度か中止。ようやく実現した2度目の旅行へ修善寺に。初日は修善寺、源頼家の墓、竹林等を観光。さて翌日、パターゴルフに伊豆反射炉、河津桜見学の計画を立てていた僕、「映画の打ち合わせがあるので、早めに帰りたいと。「なんで、今頃言うの?」「だって、前日に話したら旅行中止になるかもしれないから」と君。「今は映画の方が大事だもんね」と嫌味な一言。but帰りに御殿場アウトレットでプレゼント。君のことが大好きった。
2019.05.14 ID:306394
もう11年前、1年だけの単身赴任。「プリンセストヨトミ」の舞台になった松屋町の「空堀商店街」都合3回、2泊3日で来てくれました。初訪問時は金曜日の午後、仕事を抜けだし「松屋町」駅で待ち合わせbut少し意地悪に「綺麗なお姉さま、今日はどちらにお出かけでしょうか?」と僕。「意地悪、ホテルの予約してない。あなたの所に行くしかない」と君。来てくれてとても嬉しかった。
2019.05.14 ID:306346
香港・マカオはまだ君が病気する前、1度断られていたプロポーズに再チャレンジしたくて…マカオの聖ドミニコ教会、「ここで抱擁&kissすると結ばれるんだって」と僕、「神聖な所だから駄目だよ」と君。でも目を瞑ってくれました。そして毎晩美しい君を見ながらの乾杯、幸せだった。「プレハネムーンベイビーが欲しい」との僕、桂子の子供欲しかったな。
2019.05.14 ID:306344
桂子との13年夢のような時間だったよ。僕の一目惚れかと思ったけど、桂子も「以前から会ったことがある感じがしますね」海外旅行には2回、香港・マカオはまだ君が病気する前、高い所と綺麗な夜景が大好きな君。香港の夜景、マカオタワー、綺麗な桂子さん。幸せだった。新婚旅行はバリ島に行きたいって言ってたよね。連れて行きたかった。
2019.05.14 ID:306307
結果はわからないけど、横浜と東林間の二重生活が一番いけなかったな。きちんとお父さんに話していれば。。。もしくは僕が応援だけじゃなく、きちんと新婚生活始めていれば。。。ごめんよ桂子。
2019.05.13 ID:306273
「預かっている準備金が1000万近くある」と君、治験で受けられなかったオプジーボ、投薬させてあげたかったな。もしかしたら効果あって、奇跡が。「味わったことのない贅沢」と君は書いたけど。君がすべての希望。桂子の存在は僕の希望だった。
2019.05.13 ID:306220
もうすぐ1周忌、君のことを思い出さない日はないよ。卵巣癌手術後、北里入院中の君に「パートナーとしての心構えだからよく理解してと渡されたペーパー」抗がん剤治療後は性生活もできるとあった。butその後4年半。。。でも「100回kissして」「蕩けるように愛して」一生懸命な愛情表現、本当にありがとね。
2019.05.13 ID:306172
恋人・婚約者として13年、君はずっと僕のことを「ぱぱげーの」って呼んでましたね。平成28年5月かな、プレ新婚生活の始まりに際し「いつまでも婚約者にぱぱげーのはどうよ?」「なんて呼んだらいいの?」なかなか慣れませんでしたが、いつのまにか「くにひこ」と呼ぶように。「国彦わたしのもの、国彦わたしのもの」一生懸命言ってくれた。
2019.05.13 ID:306145
あの新宿のファーストキッチン、初めて君を見た瞬間「あれ~なんで牧瀬里穂さんがいるの(笑)なんて綺麗な人」もう一目惚れ。でも君は綺麗で可愛いだけの女性ではありませんでした。一生懸命過去の酷い経験を少しずつ克服し、前向に進んでいましたね。それが「映画のシナリオを書く」という高校生の頃からの夢に繋がったと思います。18日から追悼上映始まりますよ。
2019.05.13 ID:306140
ストーマー手術の前日に北里のロビーで「ストーマーになっても夫婦生活はできるから、心配しないで」「来週には食いしん坊の私に会えるよ」亡くなる3か月前の言葉だった。3月末の退院時には「頂いてた準備金が1000万円近くあるから新婚生活のスタートも大丈夫だよ。良くなるように頑張るから、貴方も一諸になれるよう頑張って」まだ桂子生きる望みを無くしてなかった。
2019.05.12 ID:306089
真っ赤な自転車、とても大切にしてました。生活の拠点を東林間に移す際、「自転車持っていきたいけど、どうしよう?」はいはい桂子様、君のためなら(笑)横浜東林間の25キロを走りました。天気の良い日は事務所に自転車で通勤しましたね。屋根がある場所に停めたら、住人に注意され怒って、カバーを買ってた。桂子の宝物のTERRA号でした。
2019.05.12 ID:306067
手術後に横浜を拠点にした君、よく山下公園まで散歩に行ってると。「自転車買ってあげるよ、行動範囲が広がるよ」元町のドンキさんへ。桂子が気にいったのは真っ赤な自転車。「子供の頃から赤い自転車欲しかったんだ、嬉しい」整備してもらい山下公園へ。恋人と一緒にいるの忘れてませんか?楽しそうに乗り回してぃました。
2019.05.12 ID:306028
僕の単身赴任中の大阪、初めて手料理を作ってくれましたね。ハンバーグに豆腐スープだった。美味しかったけど、かなり時間かかったようで「午後何してたの?」の僕の質問にむっとして「買物に夕食の支度」日頃、家事は母上に任せきりだとか(笑)横浜や東林間一諸に食事をとるようになって「料理の腕あげたよ。母が亡くなって主婦してるからね」確かに、レパートリーも増え、手際もよくなり。。。何よ一生懸命作ってる桂子の手料理、全部美味しかった。
2019.05.12 ID:305999
卵巣癌の手術後、間もなく始まった抗がん剤治療。横浜拠点の生活を始めた桂子、平日18時に仕事が終わると木塲から横浜へ直行、夜22時過ぎに相模原へ帰ることが多くなった僕。こりゃ、傍で支えないと厳しいな、サラリーマン生活に終止符を打つことにしました。「年末で会社辞めて独立する。少しでも傍にいる時間増やしたいから」という僕に対し、「なんで?、生活大丈夫なの?」と桂子。後日「私のこと真剣に考えてくれてるんだと思うと申し訳ない気持ち、でもとても嬉しかった」とさ。
2019.05.12 ID:305984
「今まで一諸に観たもの、感じた喜び、感動、希望を与えてくれたこと、助けてくれたこと、楽しい旅行、味会ったことのない贅沢、それは本物だったと思う。楽しかったよ、ありがとう。」最後のメール。こんなメールしてくるべきじゃなかった。最後まで手を繋いで励ましたかった。
2019.05.12 ID:305973
早1周忌になるね。お付き合いが始まった時は「桂子」と呼んでいたらしいけど。。。ほとんど覚えていない。いつの間にか「桂子さん」被災地との交流、病気に負けない姿勢、益々優しさ溢れる女性に…晩年「桂子様」と呼びだした僕、「何それ、絶対人前ではよしてよ」と君。本当に綺麗で、凛として、凄い女性だった。
2019.05.12 ID:305944
追悼上映まで1週間か。君はお花がとても好きでした。特に好きなのは…桜、向日葵、紫陽花。向日葵は桂子の誕生月に咲く花。紫陽花はお母さんが好きだったとか。そして「貴方は桜の花が咲く季節に生まれたんだよね。だから私は桜が大好きさ」毎年毎年、何回も何回も言ってくれた。
2019.05.12 ID:305943
2週間弱の伊豆高原のサナトリウム、気分転換になったようで「必ず身体良くするからね」と元気も出てきました。大室山に登ったり、夜は宿舎のビリヤード、実は少し手加減したこともあり、君の勝利となりました。「私が勝った勝った」とはしゃいでいましたね。but君の長風呂を待っている間に携帯が鳴って、何気なく覗くと嫌なメールが入ってました。
2019.05.12 ID:305932
君は転移が見られたこともありかなり凹んでいましたが、「絶対良くなって貴方と幸せ造りするよ」まずは身体の浄化しようと伊豆高原のサナトリウムに2週間弱行きました。行きは姉、帰りは僕がお迎え、君が2週間過ごした所を散策しました。大室山の頂上、凄かったね。太平洋の海と富士山「凄い凄い」とはしゃいでいた君、迎えに来て良かったと感じました。but夜に少しハプニング。
2019.05.12 ID:305897
ずっとずっと君のことが大好きです。間に合わなかったけど、受け取ってくれた婚約指輪「貰えると思わなかった。ほんとキラキラだよ。」喜んでくれたね。桂子はずっと心の中で生き続ける、永遠に心の中の妻だよ。
2019.05.11 ID:305870
桂子、たくさんの愛、君が傍にいたから、夢のような時間を送ることがでた。1月の上映会まではまだ一緒になれると信じていた。「ストーマになっても夫婦生活できるから心配ないよ」「来週には食いしん坊の私に会えるよ」と君。手術に反対できなかった。ごめん。
2019.05.11 ID:305824
理想の恋人、婚約者ではなかったけれど。。。「何か疑問に思ったことが有ったら、協力して解決していけるパートナーでいたい」君はいつも言っていましたね。手術後、1700万円の応援、婚約指輪の授受、手を繋いで歩いた29回の旅行有難う、さようなら」の言葉はありましたが、「別れる、婚約破棄」の言葉は1度もありませんでした。
2019.05.11 ID:305806
4月2回目の温熱療法は、さらに状態は悪くなってました。前日お菓子好きの桂子に少しでもと思い、町田の北海道展でオムレットとマルセイバターサンドを購入。治療後はすぐ帰りたいと桂子、自宅の近く に車を停めて、オムレットは何とか食べましたが「もう無理」と。最後に、そっと口づけ、「苦しいよ」なんとか婚姻届間に合わせたいと思いましたが、間に合わなかった。
2019.05.11 ID:305805
平成30年4月は立たった6日しか会えなかった。うち2回は池尻の温熱療法送迎。「帰り食事できる?」の質問に「外食は無理かな。ミニストップの苺ソフトが食べれれば」仕方ないんで手作りコロッケを揚げて、炒飯弁当を作りました。「今まで食べた炒飯の中で一番美味しい、人生最高の炒飯だよ」と桂子。少ししか食べることはできませんでしたが、桂子にとっては最古の炒飯だったの。
2019.05.11 ID:305765
君のことがずっとずっと大好きだった。平成23年暮れの2度目のプロポーズ「私もずっと貴方と一諸になりたいと思ってた、有難うね」条件付ながら承諾貰った時は天にも昇る気持。その後、君が卵巣癌、大手術後。僕はサラリーマン辞めて寄り添ったよね。最後の1秒まで手を握り締めて、君を励ましたかった。永遠に桂子は僕の最愛の女性、生きている限り、君の映画、君のことを大切にしていくね。
2019.05.11 ID:305725
シネマノヴィチェントさん、来年からも震災時期に合わせて「マーチング明日へ」の上映してくれることになったよ。毎年上映の際は桂子に会えるかな。転移が始まり、「新しいシナリオ作品仕上げるんだ」というものの、あまりやる気が感じられない君、「一諸に上映会やろうか?」君は少し目の色が変わわりましたね。「上映会終了したら、同居、新婚生活の準備始めよう。」実現できると思ってた。
2019.05.11 ID:305723
追悼上映開始まであと1週間か。僕は18日と22日に行くから、桂子もお空の特別休暇取得して会いに来てよ。君が勝沼で買ったワインに先日君のために北一硝子で購入したワイングラス、残していった紅茶もあるから、上映期間中、宿泊してくださいな。ほんとにほんとに、桂子に会いたいよ。
2019.05.10 ID:305629
岡山熊本から帰って来たよ。一緒の旅行は勿論、出張先から帰宅途中「家に着くまでが遠足です」あのお決まりフレーズ聞きたくて連絡いれたね。美しく天真爛漫な桂子さん、天国でもたくさん友達できましたか?またいつか、そちらで君と出会って旅行や遠足に行きたいです。
2019.05.09 ID:305477
明日は熊本、平成28年1月君と長崎熊本行きましたね。稲佐山の夜景、函館札幌小樽、君が大好きな横浜、ほんと沢山の夜景を一緒に見ました、「桂子さん綺麗過ぎる、勿体なくて口づけできない」という僕「幸せ者だね、でも人前では絶対に言わないで」夜は地元の居酒屋で鯨料理を堪能してた、凄い雪、目を輝きだす君、明日熊本行けなくなるかもよ。
2019.05.09 ID:305436
運命だったのかな?もし布袋さんとのお付き合いが始まってたら、僕が選ばれることはなかったな。プライベートと職場でのギャップが大きく「印象は悪くないんだけど、困ったな、お付き合いすれば少しづつ変わってくれるのかな」の段階、僕には幸運だった。ごめんね。でも僕を選んでくれて本当に有難う。
2019.05.09 ID:305433
布袋さんとの最初のデートの後、僕に出会った桂子。読響のコンサートにどちらを誘おうか迷ったものの、「流石に貴方は会ったばかり、誘えなかった」but2度目のデートも話が進まず「あれ職場と違うな、でも付き合えば変わるのかな?」まあ二度ともきちんとご馳走してくれた。最初の「たかり男よりはずっとましだった」話を聞くによい人、桂子残念。
2019.05.09 ID:305391
岡山に来てるよ。平成29年8月に一緒にきましたね。また来たかった、桂子のこと永遠に愛してる
2019.05.09 ID:305362
プライベートな話は殆どしなかったかな〜職場では指示も的確優しかったよ。約1年後、周りにけしかられたのかな?食事に誘ってくれた。初めての男が口だけ誠意のない酷い奴だったから…正反対な感じもあって嬉しかったな。but初デートは緊張なのか、店決められない、喋っでくれない。職場ではあんなにしっかりしてるのに。
2019.05.09 ID:305359
とても居心地がよい職場だったという新宿高島屋の和食器売場のスタッフ纏めるマネージャーさん。「私より少し年下、30半ばで髪はなかったけで、布袋さんみたいに穏やかな感じの」おせっかいおばさん方周りが「仕事もきちんとしてるし、関さんどう?」応援モード一杯だったよう。
さらに読み込む
2018年05月22日に亡くなった人