まいり

南房泰碩

なんぼう たいせき
1935 - 2018
教育者 書家 創書会顧問 書潮会名誉顧問 台東書道連盟理事長
お線香をあげる   お花をあげる
南房泰碩さんについて
創価中学・高校、国語 書道教諭を経て、創価高校主席副校長、創価教育研究所副所長、創価芸術展アドバイザー等を歴任し、創価一貫教育の建設に多大なる貢献をした。
書家としても創書会顧問、書潮会名誉顧問、台東書道連盟理事長、三鼎書道会参事として後進の育成に全力を尽くした。
第三文明展「第三文明賞」2回、「聖教新聞社賞」1回。第三文明展委嘱作家。三鼎展「大賞」2回、台東展「特別賞」
学会より「富士美術賞」「SGI貢献賞」「広布文化賞」受賞。
書の師匠は、日展特選作家で西川寧高弟の矢島大圖。
南房泰碩さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2018.12.14 ID:271841
悲しいです。残念です。言葉になりません。
先生の足跡はあまりにも大きく、先生のご境涯は「人道即書道」そのものであり、「人格と心を綴りし書道かな」との人生の師匠の指針通りの日々でした。
先生の偉業を後世に宣揚してまいります。
不肖の弟子ではありますが、身命を賭して引き継いでまいる決意です。先生、本当にありがとうございました。
2018.12.14 ID:271837
お悔やみ申し上げます
2018年12月12日に亡くなった人