まいり

下島連

しもじま むらじ
1908 - 1986
英文学者 翻訳者 亜細亜大学教授
下島連さんについて
下島 連(しもじま むらじ、1908年5月20日 - 1986年10月18日)は、日本の英文学者、翻訳者。亜細亜大学教授。芥川龍之介の主治医であった下島勲の甥(後に養子)。

1932年、京都帝国大学文学部英文科を卒業し、同年東京帝国大学英文科大学院に入学するが中途退学。その後すぐに文芸春秋社に入社。『文芸日本』誌の編集長を経て、1955年から1967年にかけて『アメリカーナ』誌(後に『日米フォーラム』誌に改題)の編集長を務める。

1967年、亜細亜大学に非常勤講師に就任。1971年より同学教養部教授。1979年より同学経営学部教授。1986年に同学を定年退職。同年10月18日、胃がんにより逝去。享年78
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・ルール(09/17) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
2020.01.25 ID:373295
妻鳥基
先生、安らかに
2018.11.16 ID:267065
与六
卒業生です。クラスの学友を、ご自宅にお招き下さり、食事をいただきありがとうございました。美味しかったです。先生が、芥川龍之介の主治医だった方の養子とは!驚きました。安らかに。南無大師遍照金剛!
2018.11.16 ID:267063
お悔やみ申し上げます
1986年10月18日に亡くなった人