まいり

竹内勤

たけうち つとむ
1945 - 2018
慶応大名誉教授 国際感染症学
お線香をあげる   お花をあげる
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
竹内勤さんへのメッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿ルールについてのページを設けました。投稿をご利用の際にはご一読ください。(19/08/22更新)
投稿ルールを表示
2019.02.10 ID:282680
竹内先生、先生のお姿がみられなくなり、亡くなられていたとは、びっくりしました。リウマチ内科の外来に行く度に、先生が、全身の関節を触りながら確認して「大丈夫、体調は、どう?」と優しく語りかけてくださった事を思い出します。初めてお会いしたのは、8年前テレビの放送をみて私の体調と全く同じ症状で遠方から通い始めました。先生は、ゆっくりと丁寧に関節の様子をきいてくださり、私の体験の中でこの様な親身になってくださる医師にお会いしたことがなく、大泣きしながら先生とお話しした事をつい昨日の様に思い出します。お陰様で信じられないくらい身体も元気になりました。外来の診療室ではいつも休みをとらずに栄養ドリンクを2本立てていらっしゃっていた事を忘れません。きっと日本全国から、来る患者さんをなるべくみてくださっていたのだと思います。リウマチ内科は、竹内先生がずっとみていてくれる気がしています。これからは、安らかにお眠りください。ご冥福をお祈りいたします。
2018.10.04 ID:259769
私はこの5年の間に慶應病院に、 二度入院しました。いま、私が生きているのは慶應病院のおかげだと思っております。入院中の院長回診の時には、竹内先生が私の手を握り、「あともう少しで退院ですから、頑張りましょう」と勇気づけてくださった事を忘れません。天国で、私の亡き母と、どうかお友達になってあげてください。ご冥福を、心よりお祈りします。
2018.10.01 ID:259287
櫻井 昭彦・公子
大変お世話になりました。ご冥福をおいのりいたします。
2018.04.06 ID:231345
お悔やみ申し上げます
2018年03月20日に亡くなった人