まいり

萩野浩基

はぎの こうき
1940 - 2015
政治家 哲学者 僧侶 東北福祉大学学長 衆議院議員 参議院議員
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・ルール(09/17) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
2020.05.21 ID:612810
37年前に早稲田予備校の英語の授業でお世話になりました。先生のご指導により、第一志望校に合格する事ができました。
しかし、それ以上に先生にご教授いただいた人生哲学が、その後の私の人生における大きな指針となり糧となっております事を、先生にお伝えしたいです。
辛く苦しいあの浪人の1年間、先生の貴重なお話しをたくさん聞けた事は、何ものにも代えがたい宝となっております。
「死を見つめて生きる」のお話しは、今でも鮮烈に記憶に残っています。
先生のこのお言葉は、今年、癌の宣告を受け手術をした私にとって、さらに重く深い意味を持つものとなりました。真摯に死と向き合いながらも、しっかりと自分の生を全うできるよう生きていきたいと思います。
萩野先生、本当にありがとうございました。
2019.11.21 ID:347745
萩野先生、早稲田予備校で受けた授業はいまも忘れていません。
blessing in disguise (隠された祝福)の話し、しっかりと僕の魂に刻まれています。残りの人生、自分の天命を全うしたいと思います。素晴らしい授業、本当に有難うございました。
2019.10.17 ID:338508
30年以上も前に、早稲田予備校でお世話になりました。いつも「僕の授業でつまらない英語の知識なんか得ようと思うなよ。」とおっしゃって、実際に受験に直接役立つようなことは何も教わらなかったように思います。(もっと大切なことはたくさん習いました。)よく覚えているのは、聖書の一節をテキストに、「狭き門より入れ」とおっしゃっていたことです。懐かしいですね。今日(2019/10/17)、なんの脈絡もなく先生を思い出して何の気無しに検索してみたら既に亡くなられていてしかも明日がご命日とのこと。偶然以上のものを感じてこれを書いています。予備校を出てからはご縁はありませんでしたが、時々テレビなどで拝見して相変わらず個性が強くていらっしゃると思っておりました。先生はきっと今でも、狭い門を選んではこじ開けつつ進まれているのではないかと思います。
2019.09.17 ID:332523
予備校及び大学とお世話になりました。
先生の熱い講義を当時聴けたことは、自分にとっての財産であります。ミーちゃんハーちゃんになるなよと、当時おっしゃられてました。自分なりに抵抗はしましたが、結局世間に流されてきた自分の人生を振り返ると、情けなく思います。先生の事を思い出しながら、また頑張っていこうと思います。
2019.06.09 ID:311261
ご冥福をお祈りします。早稲田予備校ではお世話になりました。
2018.09.24 ID:258314
学長からの教訓。「勇気を失うものはすべてを失う」心に戒めています。これからも見守っていてください。
2018.04.10 ID:232236
萩野先生。お亡くなりになっていたとは…。ご冥福をお祈り申し上げます。いまから、35年くらい前、早稲田予備校政商ターミノロジークラスで英文解釈の授業を受講させていただいていたような記憶があります。「おまえたちいいか…特に女子。宝くじを買うようなくだらない男とは一緒になるなよ」とおっしゃっていました。いまだに宝くじ売り場の前は素通りです。いやー萩野先生、懐かしいな。授業はいつも混んでたなぁ。結局、早稲田大学とは縁がなかったけど、1日だけあの頃に戻りたいな…。萩野先生、本当にありがとうございます。先生のあの声、一生忘れません。
2017.11.11 ID:207037
早稲田予備校時代に英語の授業で御指導頂き、法学部へ進む事が出来た事を、国会中継等で御尊顔を拝する度毎に懐かしく思っていました。

今だ御健在だとばかり思っていた本日、はからずもウィキペディアで御逝去の事実を知り、今、あらためて御冥福を御祈り申し上げます。
2015.10.20 ID:148094
お悔やみ申し上げます
2015年10月18日に亡くなった人