まいり

鈴木亜里

すずき あさと
1961 - 1976
「翼は心につけて」のモデルとなった少女
お線香をあげる   お花をあげる
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2019.09.08 ID:330807
安らかにお眠りください。
2019.09.07 ID:330753
ご冥福をお祈りいたします。
2019.08.27 ID:328702
心より御冥福をお祈りします。
2019.06.20 ID:313492
私は鈴木あさとさんと同じ歳の男性です。高校生の頃 学校の映画で頑張っている あさとさんの映画をみて感動しました。その後本を買って読み直したのを 覚えています。ふと あさとさんの事を思いだし検索したら このページがでてきました。こんな私にでも 何か出来るか思って書き込みさしてもらいました。最後に 鈴木あさとさんの ご冥福おいのりします。
2019.06.09 ID:311366
もう40年が経ちますが、確か小学校6年生の時に、学校で皆で映画を観ました。凄く衝撃的だったことを覚えています。中津川市に住んでいますが、お墓がどこかわかりませんが、機会があれば訪れたいです。
2019.06.09 ID:311325
一日も早く感情の波が穏やかになります様に

御冥福をお祈りします。
2019.06.09 ID:311231
私の一人娘が同じ病気で天国に行きました。
16歳でした。
天国で娘と出会っているでしょうか。
正直まだ私はこの本を読む勇気はないのですが、いつか必ず読みたいと思っています。
短くも力強く生き抜いた娘と亜里さん。
私は娘に恥じないようにこれからも頑張って生きていかなきゃ、と思います。

2019.05.27 ID:308853
私も中学の頃映画を見ました。
心臓の病気で同じ病院で入院したことがあるのと、入学される筈たった学校の近くに住んでたこともあり、とても身近に感じていて未だに映画の内容など記憶から消えてません。
当時見た映画を見せてくれと学校側に問い合わせしたこともありもう見れないのかと諦めてましたが、DVDが発売されてるのを知って購入して、自分の子どもにもみせようかと思います。
もし生まれ変わられてるなら、今度こそ素晴らしい人生を謳歌できますように。









2019.04.13 ID:298796
若くして亡くなられた
鈴木亜里さん
あれから43年も経つんですね
ご冥福をお祈りします
2019.04.05 ID:296374
亜里さん。私は亜里さんのことを中学生の時に知りました。映画を観て泣きました。本を読んで泣きました。もう亡くなられてから43年も経つんですね。今日、外は桜が満開です。私は亜里さんのことを思い出しまだ涙が出ます。私はもう半世紀生きました。でもまだ亜里さんのように生きていません。命の時間には限りがあるから…来年桜を見る日までそれを忘れずに過ごしたいと思います。
2019.01.27 ID:280047
中学生の時に、この映画を観て、かなりの衝撃と感動で、号泣し、すぐに本を購入したのを覚えております。
現在、息子が亜里さんと同じ歳、受験目前なのになんとなくゆったりしていることに腹が立ったこの頃、ふと、この映画のことを思い出し、DVDを購入しました。
短くも、濃厚に、人生をしっかり、噛み締めながら生きられた生命力に脱帽します。時間あるときに息子に観せます。
2018.11.21 ID:268009
森田智幸
映画を中学1年生の時に観ました。ショックでした。
でも、その瞬間から今日に至る今も、あーちゃんを慕い続ける僕がいます。支え続けてもらっている気がしています。
ぼくにとっては、今も大切な事を伝え続けて下さっている、とっても大事なお姉さんです。いつかお会いしたい。そして、自分の人生が正しかったかを、お聞きしたい。そう思います。
いつもありがとうございます。
2018.11.14 ID:266828
殿村望
動けなかったぶん、天国で走り回ってください。
2018.11.11 ID:266230
ありがとう
2018.08.06 ID:249874
先輩安らかに
2018.06.28 ID:243590
ASATO
私の名前の由来となった方です。両親がこの映画を観て、男でも女でもこの名前をつけようと決めていたそうで。そのままの漢字ではなく、当て字にしたので読み間違えられますが、私はこれで気に入っています。亜里さんを由来に名付けてもらったこと、誇りに思いながら生きて行きます。
2018.04.04 ID:231109
misuzu
昭和54年、中3の時に映画で亜里さんの事を知りました。当時親戚が狛江市のすぐ近くに住んでいたのでよく遊びに行き、小田急にも乗りました。今では沿線の景色も随分変わったことと思います。入学式を目前にして逝ってしまった亜里さん、とても無念だった事でしょう。医療の進歩を有り難いと思う傍らで、時代というものの無情さを感じてしまいます。亜里さんが教えてくれた、最後まで諦めない、という精神は、控えていた高校受験への大きな励みになりました。映画(or原作本)で感動した多くの人の心で、亜里さんはずっと生き続けていると思います。
2018.02.24 ID:225723
愛知県名古屋市に住んでいる者です。
確か、中学生の時に「翼は心につけて」の本を拝読しました。
私より亜里さんは4年先輩にあたります。
まだ十代であり、亜里さんと数年しか違わない年齢でこの本を読んで、とても心を痛めた記憶があります。
月日は早いものですね。
一年前、私は実の姉を大腸癌で亡くしました。
命のはかなさというものを味わいました。
ですが、亡き姉の分まで頑張って生きて行こうと思っております。
2018.01.28 ID:222039
小さい頃映画を観たことを突然思い出しました。
お花を受け取って下さい。
2018.01.16 ID:220574
僕より10歳お姉さんですね。
映画を観て泣きました。
あさとさんより僕は長く生きます。
2017.09.11 ID:198329
毎日、平凡に生きている。
特に幸を感じなければ、決して不幸でもない。
大きい病気もしないし、明日の食事の心配もない。
こんな毎日って、実は幸福なことなんだ。
ただ生きていることだけでも。

生まれきて嫌な思いもするけど嬉しい思いもする。
愛されも嫌われもしたし、人を愛し嫌いもした。

ただ若い時、自分がいつ死ぬかなんて、老いてからとしか考えない。
明日、不治の病を宣告されたり、事故に巻き込まれるなんて怖いだけでなく希望が持てないから。

亜里さん片腕失っても、命にタイムリミットかけられても夢を抱いて前向きに生きたんですね。
人が何者からも奪い取られないもの、それは希望なのかも。
しかし強い心があって持ち続けることが可能なのでは?
彼女にはそれがあったのだと思う。

強く生きたね。頑張ったね。とは言いたくない。
何で彼女がそんな運命に生きねばならなかったんだ。まだ中学生の人生始まったばかりだぞ。と言いたくなる。
今度は健康な身体で同じ両親の元に生まれ幸せな長い人生を送ってもらいたい。
2017.08.10 ID:194078
たかひろ
鈴木あさとさん以前学校で映画みました。凄く感動して本買いました。私と同じ歳みたいです。名前は何時までも覚えてます。ゆっくり休んでくださいね!
2017.07.01 ID:188379
同じ年で当時映画も観て泣きました!

もうそんなに年数が経ったんですね。
2017.06.03 ID:185610
殿村望
昔、本で読みました。若いながらよく病気と闘いましたね。辛かったでしょう。今はゆっくり休んでください。
2017.04.23 ID:181413
亜里さんが大ファンだった あいざき進也さん
還暦過ぎても元気にLIVEやってますよ~❗
https://youtu.be/qwEJoPC5CY8
2017.04.23 ID:181404
洋二
本日、DVD見ました。私より3歳若く、妹のような存在です。
命の大切さ、医師として、これからも多くの患者さんの支えになれるよう、毎日を大切にしていきたいと思っています。
亜里さんは、きっと多くの方々のこころの中で、愛され、しっかり生きていらっしゃると思います。
2017.03.26 ID:178717
こうちゃん
俺の嫁も三月中旬に癌で亡くなりました

翼は心につけては今でも鮮明に覚えてる
亜里さん・・・・
2017.03.08 ID:176872
先日 多摩川住宅の近くに行きました
亜里さんが住んでいた所ですよね
給水塔も昔のままです
2017.03.08 ID:176869
小野俊徳
僕が中学校2年生の時に翼は心につけての映画を見て、とても感動したのを今更のように覚えています。

たまたまホームページで見てコメントさせていただきました。

心からのお悔やみを申し上げます。
2017.03.05 ID:176505
翼は心につけてを読んでとても感動しました。ご両親と弟の亜木さんはお元気でしょうか。
2017.01.27 ID:172594
小学生の時に見た映画で40年立ってもまだ覚えてます。
和光高校の近所に住んでいたので尚更です
2016.12.24 ID:170047
小学校の時に学校で観たのですが、もう40年近く前のことですが、昨日のことのように覚えてます。岐阜県中津川市に眠っていると聞きましたが・・・
2016.12.09 ID:169373
子供の頃に映画を観て、とても感動しました。
2015.03.01 ID:139566
お悔やみ申し上げます
1976年04月05日に亡くなった人