まいり

長野羊奈子

ながの よなこ
1933 - 2014
声楽家 二期会会員 故若杉弘夫人
お線香をあげる   お花をあげる
長野羊奈子さんについて
東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。1958(S33)旧西ドイツ政府給費留学生としてベルリン国立音楽大学に留学。 畑中良輔、ヘルベルト・フラウアー、田中路子に師事。1963年、日本人として初めてベルリン・ドイツ・オペラの正団員となり、<フィガロの結婚>のケルビーノ、<蝶々夫人>のスズキなどで活躍。 '65帰国後、新ウィーン楽派の歌曲による独唱会により、芸術祭大賞。 その優れた歌唱力と舞台上の際だった存在感により、オペラ、リート、オラトリオ歌手として確固たる地位を築いた。 東京芸術大学音楽学部講師を経て、桐朋学園大学客員教授。二期会会員。歴史が眠る多磨霊園
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2018.03.07 ID:227193
シェーンベルク「グレの歌」日本初演の時「山鳩の歌」未だに脳裏に有ります。名演でした。
2014.10.21 ID:135467
お悔やみ申し上げます
2014年10月20日に亡くなった人