まいり

小川雅也

おがわ まさや
1956 - 2014
太宰治の小説に登場した鰻料理店若松やの2台目
お線香をあげる   お花をあげる
小川雅也さんについて
若松屋は、雅也さんの父隆司さん(故人)が1945年秋、三鷹駅南口近くで始めた屋台のウナギ屋だ。三鷹市に住んでいた太宰が足しげく通い、隆司さんとも懇意だった。太宰の短編小説「メリイクリスマス」には「うなぎ屋の屋台」として、同じく短編「眉山(びざん)」には「若松屋というさかなや」として登場する。太宰の死後、隆司さんは若松屋をたたみ、国分寺市に転居。雅也さんは81年にすし店「東鮨(あずまずし)」を開いた。父の勧めで、三鷹時代のタレを再現したウナギ料理も売り物にした。朝日新聞
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2016.01.10 ID:152584
国枝
早いものです。今でもひょっこり現れそうな。
残念で仕方ありませんが、ゆっくりお休み下さい。
2014.05.24 ID:131170
お悔やみ申し上げます
2014年01月26日に亡くなった人