まいり

五瀬命

いつせのみこと
1 -
神武天皇の長兄 東征伝
五瀬命さんについて
記紀神話で、九州から畿内へ東征する途上、戦傷が元で紀伊の雄湊に斃れ、竈山の地に葬られたと伝わる。
海内統一の五瀬の遺志は、末弟の磐余彦(初代天皇神武)に引き継がれた。
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・仕様(01/30) をご確認ください
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
2021.04.10 ID:1231071
聖火@南海道紀伊
金鵄 輝け!
がんばれ!日本!!
2021.02.11 ID:1199890
@竈山
皇室の国ニッポンの弥栄と
恒久平和を祈ります。。。
2020.02.11 ID:379719
旭暉
皇紀2680年、建国記念日であります。

皇祖イワレビコの兄上・イツセノミコト
貴方様も日本肇國の偉大な功労者でした。
追悼そして報謝の念を申し上げます。
御苦労様でした。。
2020.01.17 ID:368363
あないたわし。御子よ、安らかに眠られよ。
 ID:126085
お悔やみ申し上げます