まいり

小波軍平

こなみ ぐんぺい
1770 - 1856
宇和島藩の家臣
小波軍平さんについて
小波軍平盛成は、優れた経済書として歴史家に評されている「存慮書(ぞんりょがき)」を建白し、経済改革のブレーンとして活躍した。その後勘定奉行、浦奉行などを務め、長命で藩主四代に仕え、隠居後も政治に関わった。経済改革の具体的な活躍は、「宇和島藩経済史」などの現代の書物にも詳しい。
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
ご投稿の際には、投稿ルールをご確認ください
2013.07.01 ID:123140
お悔やみ申し上げます
1856年01月29日に亡くなった人