まいり

河井荃廬

かわい せんろ
1871 - 1945
篆刻家
河井荃廬さんについて
明治~昭和前期の篆刻家。
明治4年4月28日生まれ。はじめ篠田芥津にまなぶ、明治33年上海に渡り、呉昌碩に師事。帰国後、吉金文会、丁未印社を設立。金石・書画の鑑識にすぐれ、「墨蹟大成」「南画大成」を監修、雑誌「書菀」を編集した。昭和20年3月10日死去。75歳。京都出身。名は得、仙郎。別号に木僊、迂辿。
[url=https://kotobank.jp/word/%E6%B2%B3%E4%BA%95%E8%8D%83%E5%BB%AC-1093515[/url]
東京大空襲で所蔵の書画を守るためにバケツを抱えたまま焼死したそうです。
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
ご投稿の際には、投稿ルールをご確認ください
2013.07.01 ID:122811
お悔やみ申し上げます
1945年03月10日に亡くなった人