まいり

大庭雪斎

おおば せっさい
1805 - 1873
蘭学者 医師
メッセージ
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
ご利用の際には 使い方・ルール(09/17) をご確認ください
https://amazon.co.jp/  このリンクについて
メッセージをクリックでお名前と投稿日時を表示します
2017.12.04 ID:210175
大庭 弘二
大庭雪斎に縁の者です。佐賀市伊勢町天徳寺には命日に好生館から花を供えて頂いていて感謝しています。
維新150年事業で色々企画されていますが、佐賀七賢人を育てた「弘道館」に関った8代藩主の治茂、古賀精里、古賀穀堂
島本良順,大庭雪斎、伊東玄朴、相良知安等々の先人達を、
この機会に、せめて佐賀の人には知って貰いたいと思います。
2015.01.04 ID:137645
大庭 弘二
佐賀在住の貴方の縁に繋がる私は、
大庭三郎景親以降の我々のルーツを調べ、書き連ねる作業の中の佐賀編に貴方の功績と足跡を記録し、後世に伝え残す事で150年を経て改めて供養致したいと思います。
貴方の眠る天徳寺の、私達の遠い
ご先祖のお墓と、貴方方ご夫妻の
お墓、そして蓮池時代の師である
島野良順先生のお墓には、お彼岸に何度かお詣りに行き、お花をお供えして参りました。
平安時代に始まる大庭の歴史には、
約1000年に渉る物語が眠っています。私はそれらの中の僅かな記録の調べうる範囲だけでも記し、後世の子孫達の記憶に留める作業を続ける事で全てのご先祖の幾許かの供養になれば幸いと思うのです。
雪斎さん、貴方の教え子である
大隈重信公によれば、酒を飲むと
傍若無人、色々と面白い話をしてくれた。我輩は特に西洋の話が聞きたくて能く尋ねて往って酒の相手をしながら聞いたものだと語っています。私の酒好きも同じDNAの精でしょうか。お会いした事もありませんが、いづれ一杯やりましょう。
          大庭 弘二拝
 ID:121764
お悔やみ申し上げます
1873年03月28日に亡くなった人