まいり

田岡俊三郎

たおか しゅんざぶろう
1829 - 1864
武士
お線香をあげる   お花をあげる
田岡俊三郎さんについて
伊予小松藩槍術師範。七卿落で三条実美らを護衛・先導し萩藩(三田尻御茶屋招賢閣)に送り届ける。生野の変に総帥澤宣嘉と共に参加した。総帥側役として澤宣嘉卿を脱出させ四国伊予小松藩周辺に匿った。三条実美の命により(防府)三田尻、下関(赤間関)に護衛し、白石正一郎邸に送り届け五卿と再会させる。
元治甲子の変(禁門の変)で鷹司邸前で戦死。
京都霊山神社に祀られる。
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2019.01.01 ID:275354
若くしてお亡くなりになり残念です。
2018.09.09 ID:255665
 篤山邸歴史小話で勤皇の志士「田岡俊三郎」のお話がありました。七卿落ち図のしんがりで警護に槍を持った武士が田岡俊三郎であるとお聞きしました。他にも宮部鼎蔵説もあるそうですが、私はしんがりで槍を持った図から見て田岡俊三郎であると信じています。没後154年を祈念し心からお悔やみ申し上げます。
 
2013.07.01 ID:118466
お悔やみ申し上げます
1864年07月19日に亡くなった人