まいり

原市之進

はら いちのしん
1830 - 1867
幕末の幕臣 水戸藩士
お線香をあげる   お花をあげる
原市之進さんについて
原 市之進(はら いちのしん、天保元年1月6日(1830年1月31日) - 慶応3年8月14日(1867年9月11日))は、水戸藩士、一橋徳川家家臣。

藤田東湖の従弟に当たる。幼名は小熊。諱は忠敬、忠成。別名は任蔵。号は尚不愧斎。字は仲寧。通称は伍軒先生。



天保元年1月6日(1830年1月31日) - 水戸藩藩士・原雅言の次男として生まれる。のちに弘道館で学ぶ。

嘉永6年(1853年) - 昌平坂学問所に入学する。その後、水戸に帰国して弘道館の訓導(教師)となり、奥右筆頭取に任命された。

文久3年(1863年) - 徳川慶喜の側近となり慶喜の補佐を務める。

元治元年(1864年) - 慶喜の側用人(一橋家家老)であった平岡円四郎が暗殺されると、慶喜の側用人となる。

慶応2年(1866年) - 慶喜より幕臣として取り立てられ、後に目付に就任。原自身は聡明で慶喜に忠義を尽くしていたが、その功績を妬む者も多く、平岡同様に奸臣と見なされていた。

慶応3年8月14日(1867年9月11日) - 同僚の鈴木豊次郎・依田雄太郎によって暗殺された。

メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
原市之進さんへのメッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿ルールについてのページを設けました。投稿をご利用の際にはご一読ください。(19/08/22更新)
投稿ルールを表示
2019.05.12 ID:306039
刺客を放ったのは山岡鉄舟。

後日その軽率さを悔いていたと言うが、時すでに遅し。

幕末は有能な人材がかなり失われた。

2019.05.03 ID:303999
伍軒先生、お悔やみ申し上げます。
2013.07.01 ID:101812
お悔やみ申し上げます
1867年09月11日に亡くなった人