まいり
[おしらせ] 2019.06.21 コメント投稿の機能変更について

高橋東皐

たかはし とうこう
1752 - 1819
俳人
お線香をあげる   お花をあげる
高橋東皐さんについて
奥州伊達藩東山、藤沢の人。文化・文政期の東奥の隠れたる俳豪。書道家としても名高く、初め俳諧を千厩の西村聴雨から、漢籍・書道を金成の菅原南山から学びました。非凡な才能は(直接の面識はないようだが)与謝蕪村にも認められ、門人となり「春星亭」の号が贈られました。句集には「奥美人句集」「春星句集」(発見されていない)があります。晩年は書道に精魂を傾け、東皐流の一派を成すに至り、墨帖「独楽園記」「千字文」「蘭亭集序」、書に「六体の書」「陋室銘」「杜甫の秋興」「聴風雷飛上天」等の作品を残しています。
参考:http://www.city.ichinoseki.iwate.jp/index.cfm/6,57458,75,html
高橋東皐さんへ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
高橋東皐さんへのメッセージ表示しています 変更
2013.07.01 ID:101776
お悔やみ申し上げます
1819年01月11日に亡くなった人