まいり

宮島鎮治

みやじま しんじ
1910 - 1974
経営者 軍属(元南満州鉄道副総裁秘書・陸軍参謀本部特務部員・元日平産業社長)
お線香をあげる   お花をあげる
宮島鎮治さんについて
昭和期の軍属・実業家。東京出身。旧仏領印度支那カンボジア州立農林学校卒。陸軍参謀本部総務課特務部六課に所属。南満州鉄道八田嘉明副総裁秘書を兼任しながら関東軍の日華事変桐工作、仏領印度支那侵攻作戦、日独伊三国同盟、上海外灘地区に関する諜報活動を行う。
戦後昭和25年に朝鮮戦争勃発、経営危機の日平産業社長に就任、前代未聞の4倍増資を行い、米軍から銃弾、銃砲生産と軍用車両の修理補修を大量受注、また自衛隊創設の再軍備の逆コースに乗り我が国の株式投資ブーム及び戦後復興の先駆けとなる。朝鮮戦争での米軍への貢献をマッカーサーに、ダレスが主張した日本人派兵を阻止して吉田茂に認められた。破天荒でユニークな経営センス、映画女優や有名芸者との艶聞と相まって勇名を馳せたが、贈収賄疑惑で30年引責辞任。49年死去。
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
4日前 ID:331411
本年初めて一部血縁者同士で合流し墓参させて頂きました。寂しくならないようまた皆でお邪魔します。
2018.12.23 ID:273704
一度膝を交えてお話を伺ってみたかったです
2014.12.23 ID:137272
いつまでもご心配を掛けてすいません
2013.07.01 ID:96274
お悔やみ申し上げます
1974年12月23日に亡くなった人