まいり

大西巨人

おおにし きょじん
1919 - 2014
小説家
お線香をあげる   お花をあげる
大西巨人さんについて
新聞社勤務を経て、戦後は反権力の立場で小説執筆、評論活動を展開。1952年のエッセー「俗情との結託」で故野間宏氏の「真空地帯」を批判。同氏や後の共産党議長、故宮本顕治氏と論争した。 日本軍の不合理さを描いた神聖喜劇は執筆に25年間をかけ、80年に完結した。日本経済新聞より引用
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
2014.03.12 ID:92537
お悔やみ申し上げます
2014年03月12日に亡くなった人