まいり

駒井健

こまい たけし
1931 - 2003
岩手大名誉教授 社会科教育学 岩手県
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
ご投稿の際には、投稿ルールをご確認ください
2020.03.21 ID:393094
尾形はじめ
17年弱。
亡くなられてもうそんなに年月が経ったのですね

北上市のオフィス・アルカディアの構想
盛岡市の西南部開発の構想を見せてもらい
あの何にもない(当時住人の方すみません)ところがそうようになるとはとても思えませんでした。
今現在、なお発展し続ける2つの場所を通る度に、先生の姿が思い浮かびます。

自分が研究室に所属した時には、退官近いこともあって、学びらしい学びは受けた覚えがほとんどありません。

しかし、有田和正全集がずらりと並び、当時珍しかったMacintoshを自由に触れられる環境、附属小や仁王小で働かれている優秀な先輩たちのいる中、自分自身で存分に学ぶことができた数年間でした。

また、自分を始め学生を引き連れ、様々な美味しいものをご馳走してくださったり、盛岡近辺に車を走らせ地理的な話をしてくださったり、楽しみながら学ぶことを先生から学んだように思います。

駒井隆治先生のコメントのお写真を見ながら、当時を懐かしく思いました。
心から感謝しております。ありがとうございます。
2017.08.20 ID:195920
駒井隆治
8月19日朝に駒井健先生の夢を見ました。
私の車の後部座席に乗っていただき、右折して鎌倉街道を盛岡方面に行こうとしたところ、なぜか逆方向に行ってしまいました。「おかしいな。」と思ってUターンしたところで目が覚めました。命日だと思い出しました。

江戸時代に、京の天明の大火(1788年)をきっかけに南部藩宮古に移住した書画家・駒井常爾(1742-1814)からの7代目当主でした。私の亡父の従弟です。

冠婚葬祭の折にはもちろん、親しく交流させていただいておりました。

昨秋、奥様も亡くなりましたが、私ども親族からすれば、14年経ても存在感を感じさせる人です。

2013.09.20 ID:87162
お悔やみ申し上げます
2003年08月20日に亡くなった人