まいり

飯嶋一泰

いいじま かずやす
1955 - 2011
早稲田大教授 ドイツ語学 東京都
お線香をあげる   お花をあげる
飯嶋一泰さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2019.03.12 ID:290843
山本 恵輔
飯嶋さん、お亡くなりになっていたんですね。飯嶋さんと初めてお会いしたのは、飯嶋さんが早稲田の独文の助手をされている頃。当時、私たちが習っていた故 林睦實教授が言ってました「今度助手になった飯嶋くんていうのは、すごいんだよ。6カ国語もできるんだって」。それを聞いた私たち学生は、どんな超クールなインテリ男かと想像を逞しくして、恐る恐る猫の額ほどの独文研究室サロンを覗きに行ったところ、背の高い気さくで優しいた兄ちゃんみたいな人が温かく迎えてくれました。その人こそ、誰あろう、6ヶ国語を操る語学の天才 飯嶋さんだったのです。その後、飯嶋さんは独検の委員をされており、問題集も作られていました。私もこの春やっと独検1級に受かりました。まさか、その報告をこういう形で行うようになるなんて、夢にも思いませんでした。早すぎるご逝去、残念至極です。ご冥福をお祈りいたします。
2018.01.15 ID:220426
宇野浩司
私、早稲田の学部生時代に飯嶋先生の自宅に泊まったことあります。深夜3時まで呑んで、次の日の8時には起きていたこと覚えています。今は、中国で日本語教員してます。懐かし区思います。
2017.07.03 ID:188580
山浦
 お知り合いになれてから30年以上の年月がたちました。桶川のお宅におじゃましたことも1度や2度ではありませんでした。思い出深い楽しい時を作っていただき、今となっては懐かしく、楽しい思い出です。お亡くなりになったことは今日初めて知りました。当時の記憶が頭によぎり、悲しく切なく言葉にもなりません。飯嶋さんと共有できた時間は、私にとって特別な時間でした。貴重な経験、今日の糧になっております。ご冥福をお祈りいたします。ご親族様方には心よりお悔やみ申し上げます。
2014.04.01 ID:92975
生前に最後にお目にかかった日からちょうど4年経った今日、このサイトに巡りあいました。
2013.09.19 ID:78063
お悔やみ申し上げます
2011年11月22日に亡くなった人