まいり

宮田征典

みやた ゆきのり
1939 - 2006
プロ野球選手 投手 解説者
宮田征典さんについて
ミヤタ・ユキノリ。元プロ野球選手。
2006年7月13日、1960年代にプロ野球巨人で活躍し、「8時半の男」と呼ばれた宮田征典さんが肝不全のため、死去。66歳。
1939年、群馬県生まれ。前橋高校、日本大学を経て、62年、巨人に入団した。巨人V9の1年目となる65年、内臓が弱く、長いイニングを投げることには向いてない、との判断から抑え投手として起用された。当時はまだ投手の分業制(先発・中継ぎ・抑え)ができておらず、抑え投手の草分けとなった。伸びのある速球と、シンカーともカーブともいわれる「ミヤボール」を武器にリリーフだけで19勝をあげ、全体では20勝をマークした。69試合に登板し、いつも出てくる時間が同じという意味で、「8時半の男」と名づけられた。その後は持病によって満足な活躍をみせることはできず、69年に引退したが、巨人や日本ハム、西武、中日でコーチを務め、多くのエース投手を育て上げた。
メッセージ | 掲示板
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
テストページ で投稿のテストが出来ます。
投稿の利用方法は 使い方 をご覧ください
投稿のルール等は 投稿ルール をご覧ください
メッセージ表示しています 掲示板に変更
投稿の際には、投稿ルールをご一読ください
7日前 ID:367623
天での御多幸をお祈りします。
7日前 ID:367614
背番号24、V9の功労者、端正なマスク、素敵な20勝投手でした。
7日前 ID:367612
背番号24、V9の功労者、端正なお顔、素敵な20勝投手でした。
7日前 ID:367606
8時半の男
大好きでした。ご自宅に行った事もあります。
お亡くなりになっていたなんて知りませんでした。
学生時代は野球に夢中でした。
心よりご冥福をお祈りします。
7日前 ID:367557
宮田コーチ、長嶋監督とのエピソードを教えて下さい
2013.07.01 ID:67770
お悔やみ申し上げます
2006年07月13日に亡くなった人