まいり

舩坂弘

ふなさか ひろし
1920 - 2006
軍人
お線香をあげる   お花をあげる
舩坂弘さんについて
階級 陸軍軍曹  栃木県栃木西方村出身

ペリリュー島アウンガルの戦いでは戦史叢書に唯一個人名での戦闘記録の功績が残る
 奇跡的生還後、戦後、船坂は戦友の遺骨収拾と慰霊に人生を捧げ、「生きている英霊」と称えられ、H18年2月11日没した。

      英霊にこたえる会 参与
舩坂弘さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
8日前 ID:306484
令和元年。
靖国神社への参拝客が劇的に増加するを期待します。
8日前 ID:306472
素晴らしい日本兵。
有難うございました。
8日前 ID:306439
感動しました
2019.04.06 ID:296544
日本の兵隊さん達は立派に戦ってくださいました。
後世の我々が世界に胸をはれる戦いぶりでした。
本当に有難うございました。
今年も靖国神社へ参拝します。
2019.04.05 ID:296481
ご長命に胸を撫で下ろしています。
2019.04.04 ID:296282
映画化させたいと強く思います。そこに主義主張は無く、アメリカ人さえ感動した人物の「日本人」を描こうとする映画人の出現を願ってやみません。  合掌   英霊にこたえる会
2019.04.01 ID:295193
パラオの慰霊碑建立有難うございます。
2019.03.31 ID:295131
伝説の日本兵に献杯。
2019.03.31 ID:295105
 舩坂先生は、三島由紀夫先生とも親交があって、名刀「関の孫六」を送っていたのすね。
 戦後東京で「大盛堂書店を立上げ、武道に精通して多くの著名人との交際があり、多くの自伝的戦記を著作し、その印税は全て亡き戦友の遺骨収集活動とアウンガルの地に慰霊碑を建立されたと聞かされました。
        日本会議 藤沼則夫 
2019.03.28 ID:294319
舩坂弘さんと同じ誕生日
舩坂弘さん
あなたの武勇伝を聞き非常に感動致しました。
これからは舩坂弘さんのように勇ましく強く根太い大人になれるよう日々精進致します。
(ちなみに舩坂弘さんとは同じ誕生日
2019.03.15 ID:291483
有難うございました。
2019.03.14 ID:291377
戦後の日本は平和だったんでしょうか。
2019.03.14 ID:291327
不死身の日本兵へ献杯。
2019.03.14 ID:291289
お悔やみ申し上げます。
2019.03.14 ID:291177
ご長命に胸を撫で下ろしています。
合掌。
2019.03.13 ID:291040
渋谷のスクランブル交差点は、その混雑振りでいまや世界的名所になっております。戦争中は戦闘に、戦後は日本の兵隊さん達の供養に、本当にご苦労様でございました。
2019.03.13 ID:290975
伝説の日本兵に献杯。
2019.03.12 ID:290961
ご冥福をお祈りいたします。
2019.03.12 ID:290954
帝国国民の為、精一杯戦っていただき有難うございました。
敗れたとは言え、見事な戦いぶりでした。天晴れ。
戦後は英霊の方々の供養、まことに有難うございました。


2019.03.12 ID:290935
パラオでの慰霊碑建立、有難うございます。
英霊の方々も大変喜んでおられると思います。
私もいつかは慰霊に訪れたいパラオです。
2019.03.11 ID:290579
映画化を希望します。
2019.03.10 ID:290261
お悔やみ申し上げます
2019.02.11 ID:282717
ご冥福をお祈り申し上げます。日本の為に戦い、生きてくださってありがとうございました。
2017.08.07 ID:193224
にったきょうこ
日本を取り巻く海外情勢、特に東・極東アジアの情勢がより、例えば10数年前より、そして現実的な不気味さを増しています。それなのに国内情勢ももはや誰が本当の味方で守ろうとしているのか分かりにくい雰囲気で充満されつつあります。純粋に日本を守ろうとする人々を国民がちゃんと理解できる国民性を保持し続けたいと願います。日本のために生きてくださってありがとうございました。
2016.01.27 ID:153418
藤沼 則夫
 舩坂先生は日本の、そして都会田舎の栃木県人の最大の誇りです。県人でさえ知らない人が99%、日本国での知名度はその50倍の人が知りません。先の太平洋戦争の「戦史叢書.13巻」に唯一個人での戦闘詳報が記されている超人。軍人関係ではアメリカでも著名な方です。ウィキテベアで御調べ下さい。

  栃木県が誇る超人     日本会議小山支部
2013.07.01 ID:67395
お悔やみ申し上げます
2006年02月11日に亡くなった人